GENERATIOIN AXE奇跡の狂宴再び!
GENERATIOIN AXE奇跡の狂宴再び!

FEATURE


2019.10.23 水曜日

フォールズ、2部作となる大傑作を語った『NME』独占ロング・インタヴューを掲載

フォールズにとって2019年に入ってから2作目となる、壮大にして渾身のアルバム『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト・パート2』のリリースが控える中、『NME』のアンドリュー・トレンデルはすっかり臨戦態勢に入った彼らのもとを訪れ、「退行の10年」やその後の世代に残されるものについての話を聞いた。


2019.9.18 水曜日

メイベルが選ぶ、今の自身を形成することになった5曲&日本デビュー記念インタヴューを掲載

今年1月にリリースしたシングル“Don’t Call Me Up”が記録的なヒットとなり、イギリス人女性アーティストが今年リリースしたシングルの中で現時点で最大のヒットとなっているメイベル。9月4日にデビュー・アルバム『ハイ・エクスペクテーションズ』で日本デビューを果たしたタイミングで彼女に話を聞くことができたので、『NME Japan』ではメイベルに「今の自分を形作ることになった5曲」を挙げてもらった。その後のインタヴューでは両親であるネナ・チェリーとプロデューサーのキャメロン・マクヴェイから受けた影響や、ヒット曲“Don’t Call Me Up”のインスピレーションとなった体験についても語ってくれている。


2019.9.11 水曜日

悲願の来日記念! マムフォード&サンズ、独占ロング・インタヴューを掲載

11月に待望の来日公演が行われることを記念してNME Japanでは最新作『デルタ』リリース時の『NME』による独占ロング・インタヴューを掲載します。本国イギリスをはじめ欧米ではすっかりアリーナ・バンドとなった彼らを貴重なサイズの会場で観られる機会を前に、ぜひ彼らの歩みを感じ取ってもらえたらと思います。


2019.9.3 火曜日

カサビアンのサージ・ピッツォーノ、ソロ・プロジェクトについて語った長編インタヴューを掲載

2018年の9月に最新作『フォー・クライング・ アウト・ラウド』の長きにわたるワールド・ツアーを終え、バンドとして休息期間に入ったカサビアンだが、ギタリストでソングライターのサージ・ピッツォーノがそこで止まることはなかった。本名であるセルジオ・ロレンゾ・ピッツォーノの頭文字を冠したソロ・プロジェクトであるザ・S.L.P.を始動し、初となるセルフタイトルを冠したソロ・アルバムをこの度完成させている。「すぐに退屈してしまうタイプ」だというサージ・ピッツォーノがバンドのオフの期間を利用して完成させたアルバムは、既に書き上げていたという「一方その頃……」を意味する“Meanwhile…”がコンセプトになった3曲の隙間を埋めるように作り上げた「ロード・ムービー」のようなアルバムになっている。


2019.8.1 木曜日

フォールズ、サマソニでの来日を前に今年を代表する傑作2部作について語る

先日、『パート1』が今年のマーキュリー・プライズにノミネートされたが、フォールズが今年リリースする『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト』という2部作は2019年のUKロックを代表する作品として語られていくことは間違いないだろう。『パート2』がつい先日、10月18日にリリースされることも発表されたが、「守られないものはすべて失われる」という意のアルバム・タイトルは2019年という時代の核心に突き刺さるものとなっている。政治も、経済も、環境も、ヒューマニティも、途轍もないスピードで拙速な変化が行われ、一方で未来は先すぼみなものに見えていく。驚異的なライヴ・バンドとして知られ、サマーソニック2019での来日も決定している彼らだが、その前にこの2部作が見据えているものは何なのかを明らかにすべく、NME Japanで行った超ロング・インタヴューを掲載する。


2019.7.12 金曜日

サマソニで来日のトム・ウォーカー、全英1位を獲得したデビュー作について語ったロング・インタヴューを掲載

UKにおける若手アーティストたちの登竜門として知られる、ブリット・アウォーズのブリティッシュ・ブレイクスルー賞。今年の2月に行われた第39回ブリット・アウォーズ授賞式でその栄冠に輝いたのは、スコットランド出身のトム・ウォーカーだった。元々はロック・バンドの一員だったというトム・ウォーカーは、ソロ・アーティストたちが台頭していった時代に呼応するようにシンガー・ソングライターとしてのキャリアをスタートさせると、3月にリリースしたデビュー・アルバム『ホワット・ア・タイム・トゥー・ビー・アライヴ』で全英1位を獲得するなど、アデルやサム・スミス、エド・シーラン、ラグンボーン・マンといったUKのシンガー・ソングライターの系譜を着々と歩んでいる。


2019.5.25 土曜日

リアム・ギャラガー、ドキュメンタリーの監督がその制作過程や来たる新作について語ったロング・インタヴューを掲載

リアム・ギャラガーの復活を誰が予測できただろうか? おそらく、フィルムメーカーのチャーリー・ライトニングはその1人だろう。彼はオアシスが最後となるアルバム『ディグ・アウト・ユア・ソウル』をリリースした2008年からリアム・ギャラガーと仕事をしてきた。リアム・ギャラガーはオアシスの解散を経て、新たなバンドであるビーディ・アイの結成/解散を経験し、活動をしばらく休止した後で、2017年にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』で見事に復活を果たし、同作はプラチナムに認定されることとなった。


2019.5.11 土曜日

ヴァンパイア・ウィークエンド、新作について語ったロング・インタヴューを掲載

2013年発表の『モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ ザ・シティ』以来6年ぶりとなる通算4作目のアルバム『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』は、全18曲におよぶヴァンパイア・ウィークエンドにとってこれまでで最も収録曲数の多いアルバムとなっている。2019年というストリーミングの時代において、フロントマンのエズラ・クーニグ自身、楽曲数が多いことで聴かれる確率が低くなる曲ができてしまうことは自覚しているとしながらも、「そうする必要があった」アルバムであることを強調している。


2019.4.20 土曜日

レディオヘッドのエド・オブライエン、インタヴューでソロ・アルバムが完成していることを明かす

レディオヘッドのエド・オブライエンは先日、英国王立鳥類保護協会による新たなプロジェクト『レット・ネイチャー・シング』の発表会見に出席している。


2019.3.15 金曜日

フォールズ:NME独占ロングインタヴュー「今、唯一表現できることは混沌だけだ」

最も地に足が着いたメンバーだったベーシストのワルター・ジャーヴァース が抜け、2015年の『ホワット・ウェント・ダウン』以来、陣営が大きく変わることとなったフォールズだが、彼らは結束力を強め、3月8日に『パート1』がリリースされた2枚組の鋭利なアルバム『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト』を携え、帰ってきた。『NME』のアンドリュー・トレンデルはヤニス・フィリッパケス率いるバンドに会いに行き、友情や野心、アルバム、混沌とした世の中で生き残る秘訣についての話を聞いた。


2019.1.30 水曜日

トレヴァー・ホーン:80年代を創った男がフル・オーケストラで当時のヒット曲をカヴァーした新作を全曲解説

とても楽しく、贅沢なアルバムが完成した。トレヴァー・ホーンのニュー・アルバム『Trevor Horn Reimagines – The Eighties Featuring the Sarm Orchestra』だ。80年代屈指の売れっ子プロデューサーとして数々のヒット曲を手がけた「80年代を創った男」が、その80年代を代表するヒット曲を、豪華ゲスト・ヴォーカリストを迎え、生のフル・オーケストラでカヴァーするという企画アルバムだ。


2019.1.25 金曜日

ブリング・ミー・ザ・ホライズン、NME独占超ロング・インタヴュー

シェフィールド出身のブリング・ミー・ザ・ホライズンはかつて、ロック・ファンから愛と憎しみの双方を向けられるような生意気なバンドだった。彼らは今やUKにおける最高のライヴ・バンドの一つに成長している。『NME』のアンドリュー・トレンデルは、大胆で輝かしい、境界を押し拡げるような新作『アモ』のリリースに先駆けて、レディングやベルリン、ロンドンに赴き、死や離婚、新たに見出した幸福の意義による新たな改革について話を聞いた。


2018.10.11 木曜日

ペール・ウェーヴス、デビュー作をリリースするまでを赤裸々に語ったロング・インタヴュー

この1年の間にペール・ウェーヴスはUKにおける屈指の失恋ソングの作り手という評価を確立してきた。『NME』のトーマス・スミスは、デビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』のリリースを控えていた彼らと、失恋映画の聖地であるイリノイ州で会い、互いの思想を音楽に落とし込む方法や、いかにヘザー・バロン・グレイシーがバンドメイトのためなら命を捧げられると思っているかについて話を訊いた。


2018.10.4 木曜日

コーダライン、通算3作目となる新作『ポリティックス・オブ・リヴィング』について語ったロング・インタヴュー:後編

日本盤が本日リリースされたコーダラインのサード・アルバム『ポリティックス・オブ・リヴィング』。先日はリード・シンガーのスティーヴ・ギャリガンによるインタヴューの前編をお届けしたが、今回掲載する後編では、主に楽曲の歌詞やバックグラウンドについて語られている。スティーヴン・ギャリガンが「この6年で世界中を回ってきて、そこで感じたことを反映して作った曲の集まりだ」と語っているように、幅広い世界を目撃してきた彼らは、本作で多彩なプロデューサー陣を起用している。しかしながら一方で、家族をテーマにした歌詞や、母国アイルランドの伝統的な楽器であるイーラン・パイプのサウンドを取り入れるなど、彼の言葉を借りれば「毎日の生活の中での駆け引き」という意味で名付けたというサード・アルバムは、彼らが自らのルーツに真摯に向き合った作品でもあるのだ。ここに掲載する発言から伝わってくるのは、新たなフェーズに突入した彼らが今、紛れもない自信に満ちているということだ。


2018.10.1 月曜日

コーダライン、通算3作目となる新作について語ったロング・インタヴュー:前編

デビュー以来、立て続けに2作で地元アイルランド・チャートの首位を獲得し、全英アルバム・チャートでも両作を5位以内に送り込んできたアイルランド出身の4人組バンド、コーダライン。本日9月28日にリリースされた彼らのサード・アルバム『ポリティックス・オブ・リヴィング』は、これまでセルフ・プロデュースが主だった彼らが幅広い共作陣を起用して、前2作とは「まったく違う方向」へ舵が切られた意欲作である。


2018.9.21 金曜日

ポール・マッカートニー、『NME』独占超ロング・インタヴューを掲載

引退だって? まったく、何を言っているのやら。最も偉大な存命のソングライターであり、何でもこなす素晴らしい人物で、他ならぬザ・ビートルズの元メンバーである現在76歳のポール・マッカートニーは今、ニュー・アルバム『エジプト・ステーション』を携えた新たなワールド・ツアーをスタートさせている。『NME』のダン・スタッブスがロンドンでポール・マッカートニーにインタヴューを敢行し、ジョン・レノンやチャールズ・マンソン、地球温暖化、歳を取ること、そして、「Fuh-ing」について話を訊いた。


2018.9.12 水曜日

フランツ・フェルディナンド、アレックス・カプラノスの発言と共に振り返る来日公演の歩み

今年2月に通算5作目となる最新作『オールウェイズ・アセンディング』をリリースしたフランツ・フェルディナンドが11月にジャパン・ツアーを行う。今年1月には新木場スタジオ・コーストで一夜限りの公演も行っているがこちらはアルバム・リリース前のプレショウで、新作を引っ提げた本格的なツアーは今度の来日公演となる。そこで、今回はフロントマンのアレックス・カプラノスに遠い記憶まで遡ってもらいながら、彼の発言を交えて、来日公演の歩みを振り返っていきたい。


2018.5.15 火曜日

アークティック・モンキーズ、新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』を語り尽くすロング・インタヴュー

アークティック・モンキーズが帰ってきた。けど、ピアノ? SF的なテーマ設定? そして、なんとリフはなし? 『NME』のケヴィン・EG・ペリーはハリウッド記念墓地でアレックス・ターナーに会い、彼の天才的な才能について困惑させ、しかし、それを永久的に照らし出し、確固たるものにさせることとなるであろう新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』についての話を聞いた。


2018.5.1 火曜日

スウェード、9月に新作をリリースすることを発表。新作について語った第一報インタヴュー

スウェードは通算8作目となるニュー・アルバム『ザ・ブルー・アワー』の詳細を発表している。


2018.3.24 土曜日

ジャック・ホワイト、新作『ボーディング・ハウス・リーチ』について語ったロング・インタヴュー

ニュー・アルバム『ボーディング・ハウス・リーチ』の制作は、まずアパートの一室で「ギターやピアノを使わずに曲作りをする」というアイディアからスタートしたという。なので、21世紀唯一無比のギター・ヒーロー、ジャック・ホワイトのアルバムであるにもかかわらず、本作はこれまでのディスコグラフィーと較べても、いわゆるギター・リフが極めて少ない作品となっている。しかし、このアルバムを聴いた人の多くは、これぞジャック・ホワイトのアルバムであり、「ギター」・アルバムだと思うのではないだろうか。


2017.10.24 火曜日

キッスのジーン・シモンズ、20万円超の手渡しボックス・セットについて語りまくる

この人ほどビジネスとしての側面のロックにこだわり続けるアーティストはなかなかいないだろう。そして、その新たなリリースがこれまた規格外の内容で話題を呼んでいる。キッスのジーン・シモンズは自身のロック生活50年を記念して、手渡しによるボックス・セット『ジーン・シモンズ:ザ・ヴォールト・エクスペリエンス』をリリースする。お値段は通常のボックス・セットが2000ドル(約22万円)。さらに、一緒にスタジオに入ってエグゼクティヴ・プロデューサーになれる「ザ・エグゼクティヴ・プロデューサーズ・エクスペリエンス(25000ドル:約270万円)」と自宅にジーン・シモンズを招くことのできる「ザ・ホーム・エクスペリエンス(50000ドル:約550万円)」なるものも用意されている。ボブ・ディランやヴァン・ヘイレン兄弟とのコラボレーションも聴くことのできる、このボックス・セットについてLOUD PARK 17での来日時に話を聞かせてもらった。


2017.9.8 金曜日

ナッシング・バット・シーヴス、バンド崩壊の危機を経て完成した新作について語るロング・インタヴュー

ミューズの「ドローンズ・ツアー」のサポート・アクトへの抜擢や、今年のグラストンベリー・フェスティバルではリアム・ギャラガーと同じステージに出演するなど、デビュー以来順調にキャリアアップを果たしてきたナッシング・バット・シーヴスは、今の時代においてもイギリスならではの真っ当なロック・サウンドを真正面から奏でられるということを証明してきたバンドである。


2017.9.7 木曜日

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、今年を代表する傑作『ヴィランズ』を語る

ロックンロールの裏の裏を知り尽くしたヤクザ者が、ダンス・ミュージック界の貴公子を連れて、更なる悪役(ヴィラン)として帰ってきた! クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジにとって通算7作目となった『ヴィランズ』は今年を代表する傑作である。


2017.9.5 火曜日

デュラン・デュランがもうすぐ日本へ! 来日公演インタヴュー!!

9年ぶりとなる来日公演の前にはF1のシンガポール・グランプリでのパフォーマンスが控え、今年の春にはロラパルーザ・チリへの出演を含む南米ツアーを行うなど、間もなく結成40周年を迎えるデュラン・デュランは、現在進行系で今もワールドワイドの第一線で活躍している。


2017.7.27 木曜日

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER、NME Japanが選ぶ注目すべき10のポイント

レディオヘッドのトム・ヨークと、フランツ・フェルディナンドとスパークスによるFFSをヘッドライナーに迎えた2015年の初開催から2年。今年で3年目を迎えるHostess Club All-Nighterは、開催が正式に発表される前から恒例行事のようにファンの間でラインナップの予想が始まっていた。蓋を開けてみれば、セイント・ヴィンセントとモグワイという2組の素晴らしいヘッドライナーを筆頭に、待ちわびていたファンも垂涎のラインナップが発表されている。開催を数週間後に控え、『NME JAPAN』では独自の視点から見所を考察してみた。ここに、3年目を迎えるHostess Club All-Nighterにおける10の見所を紹介しよう。


2017.7.26 水曜日

18歳のデクラン・マッケンナが選ぶ、生まれる前の名盤3作&生まれた後の名盤3作

弱冠18歳のソングライター、デクラン・マッケンナが本日7月26日にデビュー・アルバム『ホワット・ドゥ・ユー・シンク・アバウト・ザ・カー?』で日本デビューを果たしている。


2017.7.14 金曜日

NMEが選ぶ、シューゲイザーの名作10枚

ボサボサの髪の隙間から明るい画面を何時間も見つめるのが得意な世代の人間が、90年代ならではの「優美な」ギターや不機嫌なヴォーカル、そして8人家族が寝泊まりできるほど大きいエフェクター・ボードによるシューゲイザーに共感できるものを見出してきたことは驚くにあたらない。しかし、新参者はどこから聴き始めれば良いのだろうか? ここに紹介するのは90年代から続くシューゲイザー・シーンから『NME』が選んだ10枚だ。


2017.7.14 金曜日

フォスター・ザ・ピープル、新作について語る。「良心を欠いた資本主義はこの世で最も邪悪な政治体制になり得る」

海外では7月21日に、日本では7月26日にフォスター・ザ・ピープルの通算3作目となるニュー・アルバム『セイクレッド・ハーツ・クラブ』がリリースされる。