マムフォード&サンズ来日決定! 11・12なんばHatch 11・13豊洲Pit
マムフォード&サンズ来日決定! 11・12なんばHatch 11・13豊洲Pit

タグ: The Stone Roses


2016.3.30 水曜日

ストーン・ローゼズ、武道館追加公演のサポート・アクトにTHE BAWDIESの出演が決定

6月3日に日本武道館で追加公演を行うことが発表されているザ・ストーン・ローゼズだが、同公演にサポート・アクトとしてTHE BAWDIESが出演することが発表されている。...続きを読む

2016.3.29 火曜日

イギリスの最高の楽曲を決める投票でオアシスがトップ4を独占したことが明らかに

イギリスのラジオ局「ラジオX」が主催した、イギリスの最高の楽曲を決める投票でオアシスがトップ4を独占したことが明らかになっている。...続きを読む

2016.3.25 金曜日

NME読者が選んだ、偉大なる永遠のインディ・アンセム 1〜20位

先日、「NME.com」で、インディーズの永遠の名曲の読者投票を行った。白熱した投票の結果、ここに1〜20位までのインディーズの究極の名曲が揃うことになった。カウントダウン形式で楽曲を御紹介していく。...続きを読む

2016.3.25 金曜日

ストーン・ローゼズ、イアン・ブラウンが新曲を認めて「壮大な」サウンドになっていると語る

ザ・ストーン・ローゼズのフロントマンであるイアン・ブラウンは『NME』に対して、1994年発表の『セカンド・カミング』以来となる待望のアルバムに取り組んでいるのではないかという噂に対して、バンドが新しい音源を確かにレコーディングしていることを認めている。...続きを読む

2016.3.24 木曜日

ストーン・ローゼズ、広報担当者が『NME』の取材に応じる

ザ・ストーン・ローゼズの広報担当者が、ロンドンでバンドがサード・アルバムをレコーディングしているのではという噂について返答している。...続きを読む

2016.3.24 木曜日

ストーン・ローゼズ、6月より前に新たな音源をリリースする可能性が濃厚に

今夏にサード・アルバムをリリースするのではと噂されているザ・ストーン・ローゼズだが、バンドの機材がロンドンのレコーディング・スタジオで目撃されている。...続きを読む

2016.3.23 水曜日

ストーン・ローゼズは本当に新作を発表するのか、過去まで遡ってその噂について徹底検証

2015年10月、テレビ番組「サッカー・AM」に出演したノエル・ギャラガーは、ザ・ストーン・ローゼズが「すごいことになってる」と語った。11月2日には、ザ・ストーン・ローゼズ自身がレモンのロゴが入ったポスターを16枚1セットにしてマンチェスター周辺に掲示し、2016年のライヴの再始動を匂わせている。...続きを読む

2016.3.14 月曜日

ストーン・ローゼズ、サード・アルバムをリリースと報道

英『ザ・ミラー』紙が、ザ・ストーン・ローゼズがサード・アルバムをリリースすると報じている。...続きを読む

2016.2.23 火曜日

ストーン・ローゼズ、マディソン・スクウェア・ガーデン公演の開催を発表

ザ・ストーン・ローゼズが2016年のライヴ日程として一夜限りのアメリカ公演を発表している。...続きを読む

2016.2.22 月曜日

メンバー全員が亡くなったヴィオラ・ビーチ、リアムやストーン・ローゼズの支援を受けてチャート…

ヴィオラ・ビーチのメンバーがスウェーデンでの交通事故で亡くなってから1週間が経ち、バンドのシングルはUKのオフィシャル・シングル・チャート入りを果たしている。...続きを読む

2016.2.17 水曜日

ストーン・ローゼズやリアム・ギャラガー、メンバー全員が亡くなったヴィオラ・ビーチを1位にす…

ザ・ストーン・ローゼズと元オアシスのフロントマンのリアム・ギャラガーが、スウェーデン滞在中に交通事故で亡くなったヴィオラ・ビーチをチャート1位にする運動をサポートするミュージシャンの輪に加わっている。...続きを読む

2016.2.8 月曜日

ストーン・ローゼズ、6月3日に日本武道館での追加公演が決定

2016年6月に来日公演を行うことが発表されていたザ・ストーン・ローゼズだが、6月3日に日本武道館で追加公演を行うことが発表されている。...続きを読む

2016.2.4 木曜日

ストーン・ローゼズの初代マネージャー、デヴィッド・ボウイが人生を変えたと語る

ザ・ストーン・ローゼズの初代マネージャーで、パンク詩人としても活躍するギャリ―・ジョンソンが、自伝の中でデヴィッド・ボウイについて述べている。...続きを読む

2016.1.8 金曜日

ストーン・ローゼズ、バンド名がアングリー・ヤング・テディベアーズの予定だったことが明らかに

ザ・ストーン・ローゼズのデビュー・アルバムのプロデューサーであるジョン・レッキーが、バンド名がザ・アングリー・ヤング・テディベアーズになるところだった事実を明らかにしている。...続きを読む

2016.1.8 金曜日

2015年、UKで最も売れたアナログ盤のトップ10が明らかに

アデルが2015年のUKでのアナログ盤の売上でもトップに立っている。...続きを読む

2015.12.24 木曜日

NMEが選ぶ、2015年の音楽業界で見た天才的マーケティング 11選

今年も音楽業界は様々なバズを生み出すことになったが、そのなかでもリスナーの注目と好奇心を掻き立てたマーケティング戦略を11例御紹介する。好感を持ったものも、逆に戸惑いを持ったものもあるだろうが、それはこの年末にぜひあなたの目で判断してほしい。...続きを読む

2015.12.21 月曜日

ストーン・ローゼズ、来年6月の来日公演のチケット詳細が明らかに

2016年6月に来日公演を行うことが発表されていたザ・ストーン・ローゼズだが、そのチケット詳細が発表されている。 ...続きを読む

2015.12.9 水曜日

ノエル・ギャラガー、来年のストーン・ローゼズのライヴに「新作を作るなら行く」と語る

ノエル・ギャラガーは、ザ・ストーン・ローゼズとはバンドがニュー・アルバムを作成しない限り会うことはないだろうと話している。 ...続きを読む

2015.12.1 火曜日

ストーン・ローゼズ、2016年6月に単独来日公演が決定

ザ・ストーン・ローゼズが2016年6月に単独来日公演を行うことが明らかになっている。 ...続きを読む

2015.11.19 木曜日

アラン・マッギー、ストーン・ローゼズの復活はロックンロールを復興させると語る

オアシスの元マネージャーでありクリエイション・レコーズの創設者であるアラン・マッギーが、ニューアルバムの噂があり、2016年にマンチェスター、 T・イン・ザ・パーク、ダブリンでライヴを行う、ザ・ストーン・ローゼズがもたらすメリットについて語っている。...続きを読む

2015.11.13 金曜日

ストーン・ローゼズ、マンチェスター4公演に続きダブリン公演が発表に

ザ・ストーン・ローゼズが2016年のライヴ日程にダブリン公演を追加したことが明らかになっている。...続きを読む

2015.11.7 土曜日

ストーン・ローゼズ、60000人公演2公演即完売を受けて2公演を追加

ザ・ストーン・ローゼズは来年6月にマンチェスターのエティアド・スタジアムで行う公演を2公演追加し、全4公演を行うことが明らかになっている。 ...続きを読む

2015.11.4 水曜日

ストーン・ローゼズ、タブロイド紙で報じられた新作の噂について「ノー・コメント」

ザ・ストーン・ローゼズのマスコミ担当者は、バンドが2016年のライヴ日程を発表した後にニュー・アルバムをリリースするとした、最近のタブロイド紙の報道についてコメントを拒否している。...続きを読む

2015.11.3 火曜日

ストーン・ローゼズ、エティハド・スタジアム2公演とフェスのヘッドライナーを正式発表

ザ・ストーン・ローゼズが来年の夏にマンチェスター・シティの本拠地であるエティハド・スタジアムで2公演を行うことを発表している。 ...続きを読む

2015.11.2 月曜日

ストーン・ローゼズ、マンチェスターの街中にレモンのポスターが登場。何かの発表の前触れか

ザ・ストーン・ローゼズのレモンのロゴが入ったポスターがマンチェスター周辺に掲示され、バンドの活動についての様々な憶測を呼んでいる。...続きを読む

2015.10.27 火曜日

ノエル、ストーン・ローゼズについて「彼らはすごいことになってる」と新曲の存在をほのめかす

ノエル・ギャラガーは、近いうちにザ・ストーン・ローゼズによる新たな活動が始まることをほのめかしている。...続きを読む

2015.10.2 金曜日

ノエル・ギャラガーが首位。2015年4分の3経過時点のUKでのアナログ売上トップ40が明ら…

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの最新作『チェイシング・イエスタディ』が2015年4分の3経過時点でも最も売れているアナログ・レコードであることが判明している。...続きを読む

2015.9.11 金曜日

ミュージシャンがツイッターでブチ切れた23の瞬間

私たちと同じように、ミュージシャンだって生きていれば、ストレスがたまるし、時にはやり過ぎてしまうこともある。ずっとツアーが続き、常に脚光を浴びて、カメラマンに追い掛けられ、ファンに追い回され……ホント楽じゃないよね。だから彼らは繰り返しツイッターで鬱憤を晴らさずにいられない。私たちは時には怒りをぶち...続きを読む