GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストーン・ローゼズは2017年に行うUKツアーに2つの公演を追加している。

ザ・ストーン・ローゼズについてはレモンのアートワークがレディングとリーズの2都市に出現しており、レディング&リーズ・フェスティバルのヘッドライナーを務めるのではないかという噂が広まっていた。

ザ・ストーン・ローゼズは昨年もエティハド・スタジアムで行われたマンチェスター公演の発表の前にレモンのアートワークを貼り出すプロモーションを行っている。2017年のウェンブリー・スタジアム公演を行う際にも同様の試みを行っている。

今回、ザ・ストーン・ローゼズは6月20日と21日にリーズ・ファースト・ダイレクト・アリーナで公演を行うことを発表している。チケットは現地時間12月9日午前9時30分より販売される。

レディングとリーズでは先日レモンのアートワークが目撃されていた。

https://twitter.com/furniss1991/status/805803462093107200

ザ・ストーン・ローゼズの担当者は『NME』へのコメントを拒否している。

グラストンベリー・フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスはザ・ストーン・ローゼズとダフト・パンクの出演に関する噂を先日否定していた。バンドは昨年“All For One”と“Beautiful Thing”という2曲の新曲を発表している。

ザ・ストーン・ローゼズの2017年のUKツアーの日程は以下の通り。

Belfast SSE Arena (June 13)
London Wembley Stadium (17)
Leeds First Direct Arena (20)
Leeds First Direct Arena (21)
Glasgow Hampden Park (24)

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ