GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは初めて買ったレコードについて語っている。

リアム・ギャラガーは現地時間12月24日に放送されたBBCラジオ6の番組「ザ・ファースト・タイム・ウィズ」に出演して、マット・エヴェリットに対して自身に影響を与えた音楽について語っている。

初めて買ったアルバムについて訊かれたリアム・ギャラガーは次のように語っている。「俺が初めてハマったバンドがザ・ストーン・ローゼズで、おそらく初めて買ったアルバムがザ・ストーン・ローゼズ(のデビュー・アルバム)だったんだ。みんながさ、『嘘つけ! ホイットニー・ヒューストンなんかじゃないの』って言うのは知ってる。でも、違うんだ」

「ザ・ストーン・ローゼズのファーストだったと思う。その時が初めて音楽にハマった時だったんだ。あのアルバムが俺の人生を変えたんだ。俺にとって音楽の青写真だね」

彼は次のように続けている。「覚えている最初の曲は“I Wanna Be Adored”だね。まだ学校に行ってた頃で、友達が『このバンドをチェックすべきだ』って言ってくれたんだ。最初は“I Wanna Be A Dog”だと思っててね。『変な曲名だな』って思ってたんだよな。とにかくザ・ストーン・ローゼズにハマったってことだよ」

リアム・ギャラガーは2018年のNMEアウォーズでゴッドライク・ジーニアス賞が贈られることが発表されている。

リアム・ギャラガーは2018年2月14日にブリクストン・アカデミーで開催されるNMEアウォーズの授賞式にゴッドライク・ジーニアス賞を受賞するため出席する予定となっている。受賞後はステージでパフォーマンスを行うことも決定している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ