PRESS

Photo: PRESS

ザ・ストーン・ローゼズが今週中にウェンブリー・スタジアムでの追加公演を発表する見込みだという。

現在、同バンドは6月17日にウェンブリー・スタジアムでの演奏を予定しているが、前日の16日にも同会場で演奏をするとの噂が広がっている。

ベルファストのSSEアリーナ、グラスゴーのハンプデン・パークの公演を含む3公演は現地で9月26日に発表されている。コンサート日程の公式発表の数時間前にザ・ストーン・ローゼズのレモンのロゴがウェンブリー・スタジアムに掲示されており、それとほぼ時を同じくして、同会場で追加公演が行われるとの憶測が広まっている。

ザ・ストーン・ローゼズは以前からこのような噂を肯定も否定もしないという方針を貫いてきており、『NME』も正式な解答を得られていない。9月30日に6月17日公演のチケットが販売開始されたのちに、同日中に追加公演が発表される可能性が高いとの見られている。

今年に入ってからのザ・ストーン・ローゼズのイギリスにおける公演は、マンチェスター・エティハド・スタジアムでの4日間と、T・イン・ザ・パークのヘッドライナーを務めた公演、そしてブラック・プールとカーライルでの各公演のみとなっている。これらの公演は新シングルの”All For One”、”Beautiful Thing”がリリースされてからの初めてのライブであり、後者の”Beautiful Thing”はいまだライヴで演奏されておらず、スタジオ版が終演後の会場内で流れるに留まっている。

また、同バンドは来年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めるとの噂も流れている。ハンプデン・パーク公演が同フェスティバルの土曜日に行われるにもかかわらず、この見方が日に日に強まっていっている。同バンドはレディオヘッド、ダフト・パンク、エド・シーラン、レディー・ガガらとともに、最有力ヘッドライナー候補に挙げられている。

もし、ザ・ストーン・ローゼズがグラストンベリー・フェスティバルで演奏をすることになると、彼らにとっての初めてのヘッドライナーとしての登場になる。1995年にヘッドライナーとして参加する予定だったが、当時はジョン・スクワイアがオートバイから転落し怪我を負ったことにより、辞退を余儀なくされている。彼らの代役としてはパルプが出演している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ