FOALSエヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト パート2
FOALSエヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト パート2

タグ: Coldplay


2019.10.22 火曜日

コールドプレイ、来月リリースされるアルバムはダブル・アルバムとなることが明らかに

コールドプレイはファンに送った手紙の中でダブル・アルバムをリリースすることを予告している。...続きを読む

2019.10.21 月曜日

コールドプレイ、新作を予告する動画が公開

コールドプレイはニュー・アルバムのリリースを予告する動画が公開されている。...続きを読む

2019.10.18 金曜日

コールドプレイ、新作のリリースを予告するポスターが改めて世界各地に掲出されることに

コールドプレイは噂の実験的なアルバムについて予告しているのではないかと見られる謎めいたポスターが新たにベルリンや香港、マドリード、ミュンヘン、シドニーに出現している。...続きを読む

2019.10.16 水曜日

コールドプレイ、サンパウロに新作のリリースを告知するポスターが一時掲出されることに

コールドプレイは2019年のリリースが噂されている実験的なアルバムについて予告しているのではないかと見られる謎のポスターがサンパウロに出現している。...続きを読む

2019.10.15 火曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、ベックと共演して“Loser”を披露

コールドプレイのクリス・マーティンはベックと1994年のヒット曲“Loser”で共演している。 ...続きを読む

2019.10.9 水曜日

コールドプレイ、来月ニュー・アルバムをリリースか

コールドプレイは来月ニュー・アルバムをリリースするのではないかという噂が持ち上がっている。...続きを読む

2019.10.1 火曜日

ワンリパブリック、アデルとビヨンセとコールドプレイが共演した曲が冗談だったことが明らかに

ワンリパブリックのために楽曲をレコーディングしたことが伝えられていたビヨンセとアデルだが、ワンリパブリックのライアン・テダーの代理人によって彼の発言が事実ではなかったことが明らかになっている。...続きを読む

2019.9.30 月曜日

アデルとビヨンセとコールドプレイ、ワンリパブリックの新曲で共演している説が浮上

ビヨンセとアデルがワンリパブリックのために楽曲をレコーディングしたとワンリパブリックのライアン・テダーは明かしている。...続きを読む

2019.9.27 金曜日

レッチリ、メタリカ、ビリー・アイリッシュら、2020年9月に開催されるグローバル・ゴールへ…

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、メタリカ、コールドプレイ、ビリー・アイリッシュらは1年後の2020年9月26日に開催される「グローバル・ゴール:ザ・ポッシブル・ドリーム」に出演することが決定している。...続きを読む

2019.9.19 木曜日

デヴィッド・ボウイやコールドプレイら、レーベルによるサンプル盤がオークションに

アークティック・モンキーズやデヴィッド・ボウイ、コールドプレイらはホワイト・ヴァイナルにプレスされるたレーベルによるサンプル盤がオークションに出品されることが発表されている。...続きを読む

2019.9.11 水曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、音楽業界で働く自営業者のために法律の改正を訴える

コールドプレイのクリス・マーティンは音楽業界で働く自営業者のために法律を改善するようイギリス政府にはたらきかける運動を支持する姿勢を示している。...続きを読む

2019.8.7 水曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、ダコタ・ジョンソンと復縁したという噂が持ち上がることに

コールドプレイのクリス・マーティンと女優のダコタ・ジョンソンは復縁の噂が持ち上がっている。...続きを読む

2019.6.29 土曜日

ストームジー、コールドプレイのクリス・マーティンとグラストンベリーのステージで共演

ストームジーはグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めたステージで“Blinded By Your Grace Pt.1”をコールドプレイのクリス・マーティンとデュエットしている。...続きを読む

2019.6.25 火曜日

エド・シーラン、映画『イエスタデイ』に出演するアーティストの第一候補ではなかったことが明ら…

ザ・ビートルズを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』で監督を務めるダニー・ボイルは本作にゲスト出演しているエド・シーランに言及して、彼についてゲスト出演してもらうアーティストの第一候補ではなかったことを明かしている。...続きを読む

2019.6.10 月曜日

グウィネス・パルトロウ、クリス・マーティンの現在の恋人であるダコタ・ジョンソンに賛辞を寄せ…

グウィネス・パルトロウは元夫であるコールドプレイのクリス・マーティンの現在の交際相手である女優のダコタ・ジョンソンに賛辞を寄せている。...続きを読む

2019.4.24 水曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、ストーカーとの接触を避けるために裁判所に出廷しないこと…

コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンは彼をストーカーした容疑がかけられている女性の裁判に際して裁判所に出廷するのではなく離れた場所で聴取に応じることを提案している。...続きを読む

2019.3.27 水曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、彼との交際を主張する女性に接近禁止令が出されることに

コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンは彼との交際を主張するストーカーの女性に接近禁止令が出されたと報じられている。...続きを読む

2019.3.15 金曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、ケイシー・マスグレイヴスとのコラボ・パフォーマンスを披…

ケイシー・マスグレイヴスはアイハートラジオ・ミュージック・アウォーズの授賞式でコールドプレイのクリス・マーティンと“Rainbow”のパフォーマンスを披露している。...続きを読む

2019.3.4 月曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、42歳の誕生日パーティーに多くの著名人が参加したことが…

コールドプレイのクリス・マーティンは3月2日に42歳の誕生日を迎え、ジュリア・ロバーツやショーン・ペン、元妻のグウィネス・パルトロウら、多くの著名人と共に祝ったことが明らかになっている。...続きを読む

2019.1.10 木曜日

コールドプレイ、20年の軌跡を追った書籍『Life in Technicolor』の日本語…

コールドプレイの20年の軌跡を追った書籍『Life in Technicolor』の日本語版が2月2日に刊行されることが明らかになっている。...続きを読む

2018.12.20 木曜日

ミューズやコールドプレイ、元レコード会社のA&Rが彼らと契約しなかった過去を振り返る

1990年代の音楽業界を描いた小説『キル・ユア・フレンズ』やその続編『キル・エム・オール(原題)』の著者であるジョン・ニヴェンは、1990年代にレコード会社のA&Rとして働いていた時にミューズやコールドプレイと過って契約しなかったことについて語っている。...続きを読む

2018.12.7 金曜日

コールドプレイ、ライヴ映像作品より“Paradise”の映像が公開

コールドプレイは本日12月7日にリリースされた『ライヴ・イン・サンパウロ』より“Paradise”の映像が公開されている。...続きを読む

2018.11.30 金曜日

コールドプレイによるロス・ウニダデス、更なる新曲が公開

コールドプレイによる別名義プロジェクト、ロス・ウニダデスは更なる新曲が公開されている。...続きを読む

2018.11.28 水曜日

コールドプレイ、ファレル・ウィリアムスが参加した新バンド名義での新曲が公開

コールドプレイはロス・ウニダデスという新バンド名義での新曲が公開されている。...続きを読む

2018.11.26 月曜日

コールドプレイのクリス・マーティン、テイク・ザットの30周年にビデオ・メッセージを寄せる

コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンはテイク・ザットに寄せた風変わりなメッセージ動画が公開されている。...続きを読む

2018.11.22 木曜日

コールドプレイやレッチリのメンバーら、米山火事の被災者のための慈善コンサートに出演

ケイティ・ペリーやコールドプレイのクリス・マーティン、グウェン・ステファニーらは、現地時間12月2日にサンタモニカのラジオ局「KCRW」が主催する、マリブを襲った山火事「ウルージー」の被災者のための慈善コンサートに出演することが明らかになっている。 ...続きを読む

2018.11.16 金曜日

コールドプレイ、ドキュメンタリー映画の監督がバンドの今後について語る

映画『コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』の監督を務めるバンドの友人でコラボレーターのマット・ホワイトクロスは、バンドが来年「人々を驚かせる」ことになるニュー・アルバムの制作に取り組み始めると語っている。...続きを読む

2018.11.11 日曜日

NMEが選ぶ映画『コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』から5つの分かったこ…

まだお金もない学生のビデオグラファーが将来性のないバンドの撮影に人生を捧げたと聞くと、いささか残念な気持ちになる。あらゆるメジャーなバンドたちにキャリアの初期から撮影している学友のカメラマンがいることを考えれば、数多もの有望な映像作家たちが別の真っ当な職業を棒に振り、ザ・ドラムス程度のバンドが5年間...続きを読む