GETTY

Photo: GETTY

アラン・マッギーはリアム・ギャラガーについてオアシスぐらいビッグだと語っている。

2019年8月、リアム・ギャラガーはかつてオアシスがバンド史上最大の公演を行ったネブワース・ハウスで来夏に23年ぶりとなる公演を行う可能性を示唆していたが、今回、アラン・マッギーはリアム・ギャラガーによるネブワース公演の可能性について語っている。

フィル・タガートによる『スラッカー』ポッドキャストに出演したアラン・マッギーは次のように語っている。「リアムだったら、できるだろうね。12万5千人くらいだったらさ。彼はよもやオアシスくらいビッグだからね。現時点でリアムは巨大な存在なんだ」

「彼と会った1日目から彼は自分のことをすごいと思っていたし、素晴らしいシンガーだと思っていた。彼はこれまで仕事をしてきた最高の人物の1人だね」

アラン・マッギーはリアム・ギャラガーがノエル・ギャラガーと和解する可能性について次のように続けている。「彼らは兄弟だからね。どうなるかは分からないけど、おそらくいつか彼らは仲直りするんじゃないかな。そうであることを願っているよ」

アラン・マッギーはノエル・ギャラガーとは今も連絡を取り合っているものの、リアム・ギャラガーとは数年話をしていないことを認めている。

「ノエルとはすごく親密で、ノエルとはよく話しているんだ。この間もジョニー・ロットンの映画のリンクを彼に送ったんだ。彼とはうまくやっているよ。リアムとは数年会ってないな」

「この間、リアムは自分のことをぶちのめすと脅していたけど、喋ってないから何が起きたのかは分からないけどさ。その次の日には自分のことを大好きだと言っていてね。だから、ああいう奴とは何が起きるか分かりようがないんだよ」

先日、リアム・ギャラガーは兄のノエル・ギャラガーに対する新年のメッセージでオアシスの再結成を呼び替えている。

リアム・ギャラガーは1月1日にノエル・ギャラガーのことを「ずっと」大好きだとして「2021年は俺たちの年だ」とツイートして、オアシスの再結成をほのめかしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ