GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは来シーズンのマンチェスター・シティの第3ユニフォームを批判している。

白と明るい青によるペイズリー柄のアウェイ用デザインは今週オンラインでリークされている。

現在は削除されているツイートでリアム・ギャラガーは次のように述べていた。「新しいマンチェスター・シティのユニフォームについて誰に責任があるにせよ、武漢行きの次の飛行機に乗らなければならない。その後は買った奴もだ」

新しいユニフォームへの批判に対するファンへの反応の中でリアム・ギャラガーは次のように述べている。「シンプルにしておけ。難しいことじゃない」

「フッティヘッドラインズ」によれば、プーマのデザイナーはこのユニフォームについてブリットポップ期を参考にしたと語っているという。

彼らは次のように述べている。「マンチェスターの音楽シーンは常に世界各地の他のバンドに影響を与えてきました」

「1964円から2006年まで放映された有名なテレビ番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』も元々はマンチェスターで収録されていました」

「2020-2021シーズンのマンチェスター・シティの第3ユニフォームは1960年代や1990年代のブリットポップの音楽シーンと結びついていたペイズリーの花柄を取り入れたものです」

このユニフォームについてはリアム・ギャラガーのプリティ・グリーンとの類似性も指摘されている。

先日、リアム・ギャラガーは新型コロナウイルスによるロックダウンの中での生活について明かしている。

リアム・ギャラガーは最新の『Q』で短いインタヴューに答えており、その中で今なお続いている新型コロナウイルス禍での暮らしについて語っている。

「飲んでいるよ。それで、またもっと飲むんだ。それでベッドに行って、適当なことを喋るっていうね。ランニングもやっているけど、そんなにじゃない。今朝はアレクサンドラ・パレスまで走ったんだ。食べて飲んでいるけど、世に出る日が決まったら、身なりを決めて、シャープに見えるようにするよ。急いでないだろ? 少なくとも6月まではここにいることになるだろ?」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ