GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはソーシャル・メディアで兄のノエル・ギャラガーが自分と会いたがっていると明かしている。

ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーについては2009年のオアシス解散以降、確執が続いている。リアム・ギャラガーは2018年、ノエル・ギャラガーの妻であるサラ・マクドナルドについて彼女こそがオアシスを再結成できない理由だと批判していた。

先日、ノエル・ギャラガーがソロ作をあまり聴いていない若い世代のオアシスのファンについて「ガキどもの日々を台無しにするのが楽しみだよ」と語ったのを受けて、リアム・ギャラガーは「一家にとっての恥」だと批判していた。

今回、リアム・ギャラガーはオアシスの再結成は二度とないだろうと述べたファンのコメントに答える形で、ノエル・ギャラガーが自分と「会いたがっている」と明かしている。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「あいつが俺に会いたがっているって聞いたよ。何がしたいんだろうな。もしかしたら俺に謝罪して、オアシスを再始動させてくれってお願いしたいのかもな」

先日、ノエル・ギャラガーは2020年の活動プランについて言及して、2021年まではニュー・アルバムの制作に取り掛かることはないと語っている。

「ギター.com」によるインタヴューの中でノエル・ギャラガーは2020年の計画について次のように語っている。「夏に不規則にフェスティバルに出演する以外は、2020年はオフにするつもりなんだ」と彼は語っている。

「それに関しては、俺のカミさんにも何か言いたいことがあるかもしれないけどさ。それに、曲はいくつもあるにせよ、これから形を整えなければいけないからね。いずれにせよ、クリスマスに次のEPを出した後は一歩身を引くつもりなんだ」

「少し距離を置きたいと思っているんだ。真面目な話、2021年まではアルバムに取り掛かることはないんじゃないかな」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ