GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは新たなインタヴューでいつかアコースティック・アルバムをリリースしたいと思っていることを明かしている。

リアム・ギャラガーはアイルランドのラジオ局「トゥデイFM」の番組「ダーモット・アンド・デイヴ」に出演して、9月20日にリリースしたソロ・セカンド・アルバムとなる最新作『ホワイ ・ミー? ホワイ・ノット』について語っている。

リアム・ギャラガーはその中で、アルバムのオープニング・トラックである“Shockwave”について、「これまでで聴いた中で最高のオープニング・トラックの一つ」だと指摘されると次のように応じている。「“Shockwave”には満足しているんだ。新しいアルバムを出す時というのは、ドアを突き破るようなものが必要だと思うんだよ。人々に自分が戻ってきたことを知らせなければいけないわけでさ」

「自分の声が好きなんだ。俺はこの声が大好きなんだよ」とリアム・ギャラガーは語っている。

続けて、“Once”を初めとした比較的静かな楽曲もアルバムでは際立っているとする意見には次のように応じている。「俺はいいシンガーだからな」

「聖歌のような歌を歌うのも好きなんだよ」と彼は続けている。「いつかアコースティック・アルバムも作りたいと思っている」

同じインタヴューの中で、リアム・ギャラガーはドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」に楽曲を提供する可能性も示唆している。“One Of Us”のミュージック・ビデオは、ドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』の来たるシーズン5の監督を手掛けるアンソニー・バーンが監督を務めているほか、同作の脚本を手掛けるスティーヴン・ナイトがミュージック・ビデオのコンセプトを担当している。

先日、リアム・ギャラガーはオアシスが再結成する可能性に言及して、口論を繰り広げ続けている兄のノエル・ギャラガーとの関係性は「既に終わって」いると語っている。

リアム・ギャラガーは米『ビルボード』誌のインタヴューに応じて、オアシスの再結成を妨げている要因は何かという質問に次のように答えている。「ノエルの周囲にいる奴らが俺たちを引き離そうとしているんだよ」とリアム・ギャラガーは語っている。「俺にはもう(和解のために)アイツに差し出すオリーヴの枝などないよ。やるべきことはやったよ」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ