GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーが自身の顔を見るたびに「マシンガンでマクドナルドを襲いたくなる」と語ったことに反応を示している。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「パーカーの猿どもを怒らせないほうがいい。それからマクドナルドでは気をつけろ。怒れるポテトがいるからな」

リアム・ギャラガーの今回のツイートは、ノエル・ギャラガーが先日、自身のドキュメンタリー作品『アズ・イット・ワズ』を観る予定はあるかと訊かれた際にした発言を受けてのものとなっている。

「いや、観るつもりはないよ。観たいと思う理由が見つからないね。あのクソ野郎の顔を見る度に、マシンガンでマクドナルドを襲いたい衝動に駆られるからな」とノエル・ギャラガーは『ヴァラエティ』誌に語っている。

「そういうわけで、アイツが歴史を書き換えているのを地元の映画館まで観に行くことはないだろうね。自分がいかに素晴らしい男で、いかに家族思いの男かっていうことを言ってやがるんだからさ。もっとマシなことに時間を使うよ。けど、君にはぜひ観に行ってほしいよ。ジョギングのシーンがたくさんあるみたいだからね。君のことは知らないけど、個人的にはお気に入りのロックスターがジョギングしているのを見るのは好きなんだ。君は違うかい?」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ