GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはザ・リバティーンズのフロントマンであるピート・ドハーティの息子との意外な交流について明かしている。

リアム・ギャラガーは二人の息子であるジーン・ギャラガーとレノン・ギャラガー、昨年まで疎遠だった娘のモリー・ムーリッシュと共に『サンデー・タイムズ』紙のインタヴューに応じている。

現在19歳のレノン・ギャラガーは1999年にリアム・ギャラガーと最初の妻のパッツィ・ケンジットの間に生まれており、現在17歳のジーン・ギャラガーは2番目の妻であるニコール・アップルトンとの間に2001年に生まれている。一方で、モリー・ムーリッシュはリアム・ギャラガーと元キル・シティのシンガーであるリサ・ムーリッシュとの間に生まれており、リアムは2018年5月に彼女に初めて会ったことを明かしている。

モリー・ムーリッシュの母親であるリサ・ムーリッシュはピート・ドハーティとの間にも2003年に子供をもうけており、彼との間にはモリーの異父兄弟で現在15歳のアスティル・ドハーティがいる。

インタヴューの中でアスティル・ドハーティの話に話題が及ぶと、リアム・ギャラガーは度々口論を繰り広げていることで知られるピート・ドハーティの息子との間に意外な交流があることを明かしている。

「俺たちはアスティルとも出かけたりするんだよ。アスティルを連れ出しているんだ!」とリアム・ギャラガーは明かしている。「アイツはレジェンドだよ。想像力が凄まじくてね、本当にすごいんだ」

「アスティルはあと何ヶ月かで16歳になるわ」とモリー・ムーリッシュは語っている。「彼は本当に最高という感じよ。アスティルは私や私のママ、私のおばあちゃんと一緒に育ったわけで、(リアムとレノン、ジーンの)3人のことが大好きなの。周囲に3人の男性が増えたという感じね。言うまでもなく、彼は3人のことが大好きよ」

一方で、ピート・ドハーティは先日、インタヴューの中でリアム・ギャラガーとチャリティーのためにボクシングの試合をしたいと語っていた。ピート・ドハーティは現在はリアム・ギャラガーのバンドに加入している元ベイビーシャンブルズのベーシストであるドリュー・マコーネルの名前に言及して、次のように語っている。「スポンサーをつけてボクシングの試合をやるべきだと思うんだ。負けたほうがドリュー(・マコーネル)をゲットするっていうね」

今回、『サンデー・タイムズ』紙とのインタヴューでピート・ドハーティによる当該の発言について訊かれると、モリー・ムーリッシュは次のように答えている。

「100%、脈絡から完全に外されて伝えられたものだと思うわ」と彼女は語っている。「母が彼と話したんだけど、もちろん冗談だったわ」

「あれは冷やかしだよ」とリアム・ギャラガーは続けて語っている。「ピートは俺と闘いたいだなんて思っていないし、俺だって闘いたくないからな」

「二人は闘えないだろうね」とジーン・ギャラガーは笑みを浮かべながら語っている。「二人とも、歳を取り過ぎているからさ」

リアム・ギャラガーは先日、2017年発表の全英1位を獲得したソロ・デビュー作に続くセカンド・ソロ・アルバム『ホワイ・ミー?・ホワイ・ノット』を9月20日にリリースすることを発表している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ