GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは今夏にコーンウォールで開催されるエデン・セッションズ・フェスティバルに出演することが発表されている。

エデン・セッションズ・フェスティバルは6月26日に開催されるもので、同じ週には同じくイギリス西部で行われるグラストンベリー・フェスティバルの開催が控えており、今回の発表はリアム・ギャラガーのグラストンベリー・フェスティバル出演の噂をさらに強めるものとなっている。

チケットは既にエデン・プロジェクトのメンバーシップの登録者を対象に先行発売されており、一般発売は現地時間3月21日の午後3時よりスタートする。

一方で、リアム・ギャラガーがノエル・ギャラガーと共にグラストンベリー・フェスティバルに出演する可能性は極めて低く、リアム・ギャラガーは先日スマッシング・パンプキンズとのツアーを発表したノエル・ギャラガーを「カボチャとポテト」と揶揄して、両者の確執を再燃させている。

リアム・ギャラガーは先月、来たるソロとしての公演のセットリストに「オアシス時代の楽曲を新たに5曲」加えるとして、ファンに楽曲を選んでくれるよう呼びかけている。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「よう、みんな。お前らに手助けして欲しいんだ。これは単なる思いつきじゃなく、いつも俺がお前らのことを気にかけていないっていうことを言われるから、みんなにも参加してもらおうと思っていてね。オアシス時代の曲を新たに5曲セットリストに加えようと思っている。それを幸運なお前らに選んでもらいたんだ」

リアム・ギャラガーはセットリストに入る可能性のない1曲に言及して、「“Roll With It”が入ることはないよ」ともツイートしている。

リアム・ギャラガーは現地時間3月14日に、ファッション・ブランドのプリティー・グリーンが専門家を迎えて、将来的なビジネス・プランの見直しを図っていると報じられたことを受けて、反応を示している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ