GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーの息子のレノンは父親と同じ道を辿って音源をリリースする見込みだと報じられている。

21歳のレノン・ギャラガーは2017年にモデルとしてファッション・ショーにもデビューしている。レノン・ギャラガーは弟のジーン・ギャラガーと共にそれぞれ別のバンドで活動を行っていることも報じられていた。

今回『ザ・サン』紙はレノン・ギャラガーがオートモーションというグループのフロントマンを務めており、音源をリリースする予定だと報じている。

レノン・ギャラガーの友人は『ザ・サン』紙に次のように語っている。「レノンにはロック・ゴッドのようなステージでの存在感があります。彼は父親からパフォーマンスの技術を学んだのです」

「リアムはすごく誇りに思っていて、彼の曲も聴きました。彼は常にアドバイスを送っているみたいです」

2019年の時点でリアム・ギャラガーは息子たちのバンド活動に関して次のように語っている。「2人とも部屋を見渡しながら、互いの様子をうかがっているという感じでね。ジーンもレノンもお互いにちょっとしたバンドを組んでいるんだけどさ、それを一緒にやろうとしているんだよ」

「2人ともギターを弾いていてね。2人が歌っているのはまだ聴いたことがないんだけど、歌っているのを聴けるのだとしたら、俺にとってはちょっとしたサプライズだね」

「レノンの音楽は、どちらかというと恍惚とした感じでね。初期のザ・ヴァーヴのような感じだよ、かなり落ち着いた音楽なんだ。ジーンの音楽はもっと挑戦的で、アークティック・モンキーズみたいな感じかな。その調子でやってほしいね」

先日、リアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーは共同の映画製作会社を登記したと報じられている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ