GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは、現地時間6月13日に行われたユース・オブ・ザ・アポカリプス(YOTA)のライヴに兄のノエル・ギャラガーが参加したことを受けて、ノエルを批判していると報じられている。

リアム・ギャラガーはツイッターで「ミッドライフ・クライシス」が「全開だな」と述べている。

このツイートについては、ゴリラズやクラクソンズのメンバーで結成されたスーパーバンド、YOTAのライヴにノエル・ギャラガーが参加したことに言及しているのではないかと見られている。

ノエル・ギャラガーがライヴに参加した様子を観客が撮影した映像も投稿されている。

ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーをめぐる物語は依然として続いているが、リアム・ギャラガーにとって家族関係は改善している様子も報じられている。

今年5月、リアム・ギャラガーはそれまで会ったことのなかった21歳の娘、モリー・ムーリッシュと会った時の写真を公開している。モリー・ムーリッシュはリサ・ムーリッシュとの間にできた娘で、写真にはリアム・ギャラガーの2人の息子であるレノンとジーンも写っている。

リアム・ギャラガーは今年9月に単独来日公演を行うことが決定している。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ