31. ボウイがサックスで客演したのは?

PA

Photo: PA


デヴィッド・ボウイはスティーライ・スパンのアルバム『ナウ・ウイー・アー・シックス』収録の“To Know Him Is To Love Him”をサックスで演奏している。


32. ボウイはグラストンベリーに何回出演?

REX

Photo: REX


デヴィッド・ボウイのグラストンベリー出演は2回あった。1回目は1971年で早朝5時からステージに立ち、そして2回目は2000年で、グラストンベリー史上最も偉大なステージと言っても過言ではない。2010年出演するのではという噂が耐えなかったが、根拠のないものだったと判明した。


33. ボウイの貴重な一枚

PA

Photo: PA


ロンドンのルールス・レストランでのデヴィッド・ボウイ。1973年、RCAレコードから6つのディスクを贈呈された後だ。この年、6枚のアルバムが驚異的な成功を収めた。


34. ボウイが好きなバンド

PA

Photo: PA


デヴィッド・ボウイはプラシーボの大ファンで、自分のお気に入りのバンドだと語っている。彼は解散する前のオアシスも気に入っていた。


35. ドラッグに没頭した理由

PA

Photo: PA


デヴィッド・ボウイの1970年代半ばのドラッグ浸りは実際、快楽主義的なものではなかった。「僕は快楽のためにドラッグをやっていたわけではない」と2000年に彼は説明している。「外出はあまりしなかった。ただもう仕事ばかりさ。何日もぶっ続けで寝ないで仕事してたね」


36. ポール・ウェラーが語るボウイ

PA

Photo: PA


ポール・ウェラーはデヴィッド・ボウイについてこう述べている。「誰もが彼から影響を受けていると思う。『ロウ』は常に僕のお気に入りさ」


37. オブ・モントリオールが語るボウイ

PA

Photo: PA


オブ・モントリオールのケヴィン・バーンズはこう語っている。「彼は唯一無二の天才だ。彼の作品世界は人類にとって信じ難いほどの贈り物だ。彼はアート・フリーク界のモハメド・アリだね」


38. エヴリシング・エヴリシングが語るボウイ

PA

Photo: PA


エヴリシング・エヴリシングのジェレミー・プリチャードはデヴィッド・ボウイについてこう語っている。「ボウイに関しては、『再発明』は問題外だった。彼はすべてを初めてやって、長いキャリアのポップ・アーティストがもれなく辿る道を確立したんだ」


39. MGMTのアンドリューが語るボウイ

PA

Photo: PA


MGMTのアンドリュー・ヴァンウィンガーデンの言葉。「デヴィッド・ボウイの様々な時期やそのころの容姿から1つずつ曲を選ぶことができるよ。全然古くならないんだ。これに関しては本当にすごいことだと思うよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ