GETTY

Photo: GETTY

マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイは自身が「ディストラクション・オア・ディスペアー(気晴らし、ないしは絶望)」と呼ぶ未発表曲の数々を公開している。

ジェラルド・ウェイはフェイスブックのページで新曲について元々シングルとしてリリースすることを考えていたと述べている。

「やあみんな、この不確かな状況を受けて未発表のものをアップロードし始めたいと思ったんだ」と彼は投稿を始めている。「だから、みんなにチェックしてもらって、聴いてもらえるものができるよ。シェアしたい気分なんだ」

「たくさんの曲があると思う。ダグと僕はここ数年ところどころでレコーディングをしてきたんだ。“Phoning It In”のような曲はシングルとしてリリースすることを考えていたんだ。完成した時にはまだそうするかもしれないけど、なぜそうしないんだろうと思っていてね。公開するのがいいと思うんだよね。これらの曲が日の目を見るはずだったかなんて、誰も知らなかったわけだからね」

https://www.facebook.com/gerardway/photos/a.255765791292538/1287386114797162/

音源はサウンドクラウドでジェラルド・ウェイの声帯の写真と共に公開されており、写真について「マイ・ケミカル・ロマンスとしての旅に乗り出す前に耳と鼻と喉を診てもらった時のものなんだ。すべてを正常にしておくためにね」

公開された音源はこちらから。

先日、ジェラルド・ウェイは2曲の未発表曲を楽曲登録したことが明らかになっていた。

これはレディット上の熱心なファンによって発見されたもので、ジェラルド・ウェイは音楽出版社のBMIを通して2曲を登録したことが明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ