GETTY

Photo: GETTY

ブリトニー・スピアーズはダンスをしていて足を痛めた瞬間を捉えた映像を公開している。

インスタグラムでこの動画を投稿したブリトニー・スピアーズは痛める瞬間の「音が聞こえる」はずだとファンに伝えている。

動画はブリトニー・スピアーズがキングス・オブ・レオンの“Sex On Fire”に合わせて踊るもので、最後に大きな音と共に足を痛める姿が収められている。

動画のキャプションには次のように記されている。「6ヶ月間、ダンスをしていなかったの。だから、全力でやってみた。そう、裸足だということは分かっている。でも、笑わないで。だって、そのほうがフロアをグリップできるから。ちなみに、私が足を痛める音が聞こえるはずよ。大きいようだったらゴメンね」

昨年4月、ブリトニー・スピアーズは精神的苦悩があったとしてメンタル・ヘルスの施設に入所したと報じられている。

『ヴァラエティ』誌によれば、ブリトニー・スピアーズは1週間以上前に入院したとのことで、1ヶ月にわたって治療を受けることになるという。

1月に父親の健康問題に注力するためにラスベガスでの連続公演をキャンセルしたブリトニー・スピアーズだが、父親の容態が大変なことを受けて精神的苦痛に悩まされていると見られている。

「数ヶ月前、私の父親が入院して、死にかけました」と彼女は当時インスタグラムで述べている。「彼が生きて出られたのは本当に感謝しているけど、彼の前にはまだ長い道があるのです」

「私は今はすべてのエネルギーと注力を家族に捧げるという難しい決断をしなければなりませんでした」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ