GETTY

Photo: GETTY

コートニー・ラヴとメリッサ・オフ・ダ・マーはプランド・ペアレントフッドのチャリティ公演で共演を果たすことが明らかになっている。

メリッサ・オフ・ダ・マーはベーシストとして1994年から1999年までホールに在籍しており、2012年の短期間の再結成にも参加している。

今回、両者は3月14日にニューヨークのタウン・ホールで開催される「バンズ・オブ・マイ・ボディ」に出演することが発表されており、公演の収益はプランド・ペアレントフッドに寄付される。コートニー・ラヴとメリッサ・オフ・ダ・マーは2018年にニューヨークのアート・スペースで3曲を共演しているが、正式な公演での共演は8年ぶりとなる。

この投稿をInstagramで見る

ANNOUNCEMENT! The Feminist Institute is beyond thrilled to present the #BansoffMyBody Benefit Concert for @ppgnyact on Saturday, March 14th at @townhallnyc ! . . Revealed exclusively on @rollingstone , this incredible evening will feature none other than Courtney Love & Melissa Auf def Maur from Hole, Perry & Etty Farrell, Rachael Yamagata, Joan As Police Woman, Betty and more special guests to be announced . . Read more on Rolling Stone at the link in our bio now. Tickets go on sale TOMORROW, Thursday, February 20th at 12pm EST via the townhall.org . . See you there! @courtneylove @xmadmx @perryfarrellofficial @ettyfarrell @rachaelyamagata @joanaspolicewoman @bettyrules . . Produced by @willnerh & Lawrence B. Benenson

The Feminist Institute(@thefeministinstitute)がシェアした投稿 –

このイベントには他にもジェーンズ・アディクションのペリー・ファレルとエチ夫妻、レイチェル・ヤマガタ、ジョーン・アズ・ポリス・ウーマン、ベティが出演する。

先週、コートニー・ラヴはNMEアウォーズ2020でアイコン賞を受賞している。「今朝目を覚ましたら、この中指を突き立てたものを受け取れる栄誉にあずかったの」

「素晴らしい国の首都で素晴らしいわ。私が初めて『NME』を手に取ったのはリヴァプールで1981年のことだった。ジョイ・ディヴィジョンの“Isolation”を初めて聴いてすぐのことだった」

先月、コートニー・ラヴはホラー映画『ザ・ターニング』のサウンドトラックに“Mother”を提供している。

サウンドトラックは全部オリジナル曲で構成されており、ミツキ、サッカー・マミー、ウォーペイント、カリ・ウチス、キム・ゴードン、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」への出演で知られるフィン・ヴォルフハルトの新バンド、ジ・オーブリーズらが参加している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ