GETTY

Photo: GETTY

物議を醸している右翼政党「フォー・ブリテン」の党首であるアン・マリー・ウォーターズは自身の政党への支持を表明しているモリッシーに感謝のメッセージを伝えている。

モリッシーは先日、アメリカでのツアー中に「フォー・ブリテン」のバッジを身に付けていたことが話題になっているほか、テレビ番組「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」にも当該のバッジを付けて出演している。

「フォー・ブリテン」党はイギリス独立党の党首選に敗れたアン・マリー・ウォーターズによって2017年に設立されている。モリッシーは昨年、物議を醸したインタヴューの中で人種差別主義やイスラム教の「ハラル認証」とISISとの関連について語っている。また、モリッシーはヒトラーについて「左翼」だったと語っているほか、ロンドン市長のサディク・カーンについては「まともに喋ることができない」としている。モリッシーはその後、「フォー・ブリテン」党への支持を表明する公開書簡を投稿し、その中で人種差別やファシズムについて「軽蔑する」と綴っている。

今回、アン・マリー・ウォーターズはモリッシーへの感謝を語った動画をYouTubeに投稿している。

「イギリス独立党の党首選の時から支持してくださっていることに感謝しています」とアン・マリー・ウォーターズは語っている。「多くの露出をしてくださって、ありがとうございます」

彼女は次のように続けている。「あなたが『フォー・ブリテン』のバッジを付けていることが報じられたことをきっかけに、私たちのウェブサイトのアクセスは急上昇しました。見たところ、どこへ行くにもバッジを付けていただいているようですね。バッジは売り切れてしまいましたが、嬉しいニュースとして、さらに追加で販売することになりました。バッジは飛ぶように売れています。本当にありがとうございます」

アン・マリー・ウォーターズはさらに次のように語っている。「感謝します、モリッシー。いつかお会いできることを願っています。『デイリー・メール』にも感謝します。ヒステリックな報道を続けてください。反対の影響が私たちにはもたらされています。皆さんのおかげで、人々が私たちに興味を持ってくれているのです」

アン・マリー・ウォーターズが投稿したメッセージ動画はこちらから。

モリッシーは昨年、「フォー・ブリテン」党を支持する理由に言及して、保守党と労働党による政権争いの繰り返しにウンザリしているためだと語っている。一方で、人種差別主義者だとする批判は強く否定している。

「僕は今、アン・マリー・ウォーターズが率いる『フォー・ブリテン』という新党を支持しているんだ」とモリッシーは語っている。「どこかの政党に投票するのは僕の人生で初めてのことだよ。僕もようやく希望が持てたんだ。与党が保守党から労働党になって、また保守党に変わって、労働党に戻るっていうのを繰り返すのは、無意味だと思っているんだよ」

「フォー・ブリテンはいかなるメディアの支援も受けていないし、よくある子供みたいな人種差別主義者呼ばわりの批判をされてきた。だけど、人種差別主義者という言葉は、『私に同意しないならあなたは人種差別主義者です』っていうこと以外にはもはや意味のない言葉だと思っているんだ。人々はこんなにもすっかりバカになってしまうんだよ」

モリッシーは続けて、政治的な領域にも言論の自由がもっと必要だとしている。「他の政党が多様な意見を容認していない一方で、アン・マリー・ウォーターズは現在のイギリスのあらゆる側面についてオープンに議論できることを目指しているんだ。彼女はサッチャーに人間味を持たせたような人なんだよ……もしもそういう表現があるならだけどね。彼女には絶対のリーダーシップがあるし、台本を片手に演説することもない。彼女はイギリスの品位や言論の自由を信じていて、UKの国民全員が同じ法律の下で暮らせることを願っているんだ」

「メディアがアン・マリー・ウォーターズを望んでいないことも、彼女の面を汚したいと思っていることも分かっているよ。だけど、彼らは間違っているし、彼女にはチャンスを与えるべきなのであって、オープンな議論を望んでいる人たちを人種差別主義者と批判することを止める必要があるんだよ。さっきも言ったように、この国は左翼が右翼になって、右翼が左翼になってっていう完全な入れ替わりを繰り返しているわけで、これは今のイギリスがいかに惨めなものかを示しているよね」

一方、モリッシーは「フォー・ブリテン」を支持するバッジを付けていたことでツイッターで批判にさらされている。

「かつての友人が『フォー・ブリテン』党のバッジを付けていたんだ。この政党は徹底的にイスラム教徒に反対する姿勢を取っていて、元イギリス国民党やイングランド防衛同盟の人々で溢れてて、民営化を支持し、極右で、悲劇を利用して分断させるような反移民のレトリックをオンラインで広めているような団体だよ」とジャーナリストのデイヴ・ハスラムはモリッシーの写真と共にツイートしている。「(ザ・スミスの“I Know It’s Over”で歌われている)『優しく親切でいるには勇気がいる』と言っていた男に何が起きたんだ?」

モリッシーは5月24日に新たなカヴァー・アルバム『カリフォルニア・サン』をリリースする予定となっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ