GETTY

Photo: GETTY

モリッシーは物議を醸している政党「フォー・ブリテン」を支持するバッジを付けていたとしてツイッターで批判にさらされている。

モリッシーは昨年、物議を醸したインタヴューの中で人種差別主義やイスラム教の「ハラル認証(肉などの食品における、イスラム教の教えに即しているか否かについての基準)」とISISとの関連について語っている。また、モリッシーはヒトラーについて「左翼」だったと語っているほか、ロンドン市長のサディク・カーンについては「まともに喋ることができない」としている。モリッシーはその後、「フォー・ブリテン」党への支持を表明する公開書簡を投稿し、その中で人種差別やファシズムについて「軽蔑する」と綴っている。

「フォー・ブリテン」党は右翼政党であるイギリス独立党の党首選に敗れたアン・マリー・ウォーターズによって2017年に設立されている。

モリッシーは今週、ニューヨークでのブロードウェイ公演を終えて会場を出てくるところを撮影された映像がファンの1人によって公開され、その中で「フォー・ブリテン」党のロゴがデザインされたバッジを付けているのではないかとして話題になっている。

View this post on Instagram

Morrissey on Broadway 🖤 #Moz #Morrissey 〰️#TheSmiths

Michelle Pedoneさん(@michellepedone)がシェアした投稿 –

映像の当該の箇所を収めたスクリーンショットが公開されると、写真はツイッターですぐに拡散されることとなっている。

「かつての友人が『フォー・ブリテン』党のバッジを付けていたんだ。この政党は徹底的にイスラム教徒に反対する姿勢を取っていて、元イギリス国民党やイングランド防衛同盟の人々で溢れてて、民営化を支持し、極右で、悲劇を利用して分断させるような反移民のレトリックをオンラインで広めているような団体だよ」とジャーナリストのデイヴ・ハスラムはモリッシーの写真と共にツイートしている。「(ザ・スミスの“I Know It’s Over”で歌われている)『優しく親切でいるには勇気がいる』と言っていた男に何が起きたんだ?」

モリッシーが「フォー・ブリテン」党のバッジを付けていたことに対するオンライン上での反応は以下の通り。

「モリッシーが本当に間違いなく『フォー・ブリテン』のバッジを付けていたんだ」

「『僕は人種差別を軽蔑する。僕はファシズムを軽蔑する。僕はイスラム教徒の友人のためなら何だってするし、彼らも僕のために何だってしてくれることを知っている。こういう視点から考えれば、我々の安全を守ってくれるイギリスの政党はたった1つしかないんだ。それはフォー・ブリテンなんだよ』#混乱しているよ」

「モリッシーが『フォー・ブリテン』を支持していることを良しとしている人もいるみたいなんだ。そういう人たちには何と伝える?」

「モリッシーが『フォー・ブリテン』のバッジを付けていることの何が一番奇妙かって、彼はこれまで、楽曲の中で狭量な人々を批判したり、偏屈に対抗したり、イギリスにおける偏見を嘆いていたということよ……今やアメリカに住んでいて、そういうのが懐かしくなってしまったのね」

「友人からモリッシーが『フォー・ブリテン』のバッジを付けている写真が送られてきた。一体どうしたんだよ、モリッシー」

「私はずっと、ジョニー・マーこそがクールな人だと言ってきた。ジョニーが極右政党を批判していた投稿を紹介するわ。それから、終演後に『フォー・ブリテン』のバッジを付けているモリッシーの写真」

モリッシーは昨年、「フォー・ブリテン」党を支持する理由に言及して、保守党と労働党による政権争いの繰り返しにウンザリしているためだと語っている。一方で、人種差別主義者だとする批判は強く否定している。

「僕は今、アン・マリー・ウォーターズが率いる『フォー・ブリテン』という新党を支持しているんだ」とモリッシーは語っている。「どこかの政党に投票するのは僕の人生で初めてのことだよ。僕もようやく希望が持てたんだ。与党が保守党から労働党になって、また保守党に変わって、労働党に戻るっていうのを繰り返すのは、無意味だと思っているんだよ」

「フォー・ブリテンはいかなるメディアの支援も受けていないし、よくある子供みたいな人種差別主義者呼ばわりの批判をされてきた。だけど、人種差別主義者という言葉は、『私に同意しないならあなたは人種差別主義者です』っていうこと以外にはもはや意味のない言葉だと思っているんだ。人々はこんなにもすっかりバカになってしまうんだよ」

モリッシーは続けて、政治的な領域にも言論の自由がもっと必要だとしている。「他の政党が多様な意見を容認していない一方で、アン・マリー・ウォーターズは現在のイギリスのあらゆる側面についてオープンに議論できることを目指しているんだ。彼女はサッチャーに人間味を持たせたような人なんだよ……もしもそういう表現があるならだけどね。彼女には絶対のリーダーシップがあるし、台本を片手に演説することもない。彼女はイギリスの品位や言論の自由を信じていて、UKの国民全員が同じ法律の下で暮らせることを願っているんだ」

モリッシーは続けて、移民による集団強姦の裁判を裁判所の前で生中継していたことで「秩序を乱した」として逮捕されたトミー・ロビンソンに言及している。「僕はこれを切実な問題と思っていてね。なぜなら、今では労働党も保守党も言論の自由を信じていないわけでね……例えば、トミー・ロビンソンに対するショッキングな扱いを見てみてくれよ」

「メディアがアン・マリー・ウォーターズを望んでいないことも、彼女の面を汚したいと思っていることも分かっているよ。だけど、彼らは間違っているし、彼女にはチャンスを与えるべきなのであって、オープンな議論を望んでいる人たちを人種差別主義者と批判することを止める必要があるんだよ。さっきも言ったように、この国は左翼が右翼になって、右翼が左翼になってっていう完全な入れ替わりを繰り返しているわけで、これは今のイギリスがいかに惨めなものかを示しているよね」

また、モリッシーは自身に向けられている差別的だとする批判に対し、「人種差別やファシズムを軽蔑」しているとして反論している。

「僕は人種差別を軽蔑する。僕はイスラム教徒の友人のためなら何だってするし、彼らも僕のために何だってしてくれることを知っている」とモリッシーは語っている。「こういう視点から考えれば、我々の安全を守ってくれるイギリスの政党はたった1つしかないんだ。それはフォー・ブリテンなんだよ」

モリッシーは昨年「管轄外の物流事情」のためにUKとヨーロッパ・ツアーをキャンセルしている。この時のマンチェスター公演と時を同じくする形でモリッシーの人種差別主義に反対するパーティーの開催が予定されていた。このパーティーを主催していたデイヴ・ハズラムについてモリッシーは「過去の人間」であり、「待ち望んでいた自分への注目を得るために、この状況を利用している」に過ぎないとして、「でたらめ」だと批判している。

デイヴ・ハズラムはツアーのキャンセルが発表されたことについて次のようにコメントしている。「モリッシーを観に行こうと計画していたファンにとっては残念なことですが、モリッシーに失望させられるであろうことは分かっています。もしも新たな日程が発表されれば、私たちは喜んでマンチェスターで別のイベントを主宰する予定です。トミー・ロビンソンや極右政党を支持するモリッシーに反発するものになるでしょう」

「(イベントのタイトルである)『ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ』を他の都市で開催することについての問い合わせも受けています」

「今のところはモリッシーの物議を醸すような思想に注目が集められたことを嬉しく思っています。後悔はありません。重要なことをしたと思っています。我々のコミュニティに分断をもたらすような人々に対抗することの意義を100%信じています。団結や結束、音楽、そして愛の力を信じています」

一方、モリッシーは現在北米ツアーを行っており、“The More You Ignore Me, The Closer I Get”や“Girl Afraid”、“Seasick Yet Still Docked”を含む、ソロでの楽曲とザ・スミス時代の楽曲を織り交ぜたセットリストが披露されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ