GETTY

Photo: GETTY

マンチェスター・アリーナでの悲劇的なテロ事件から1年が経ったことを受けて、現地時間5月22日にマンチェスターで追悼式典が開催されている。

昨年の5月22日に開催されたアリアナ・グランデのコンサートで、観客が帰る時に会場のロビーで自爆テロが起き、22名の犠牲者が亡くなっている。

アリアナ・グランデはその数週間後にテロ事件の被害者に対する追悼コンサート「ワン・ラヴ・マンチェスター」を開催しており、追悼コンサートにはケイティ・ペリーやロビー・ウィリアムス、マイリー・サイラス、コールドプレイ、リアム・ギャラガーらが出演している。

オアシスの“Don’t Look Back In Anger”はテロ事件の直後から希望のシンボルとして歌われており、昨年にはマンチェスター市民が犠牲者を追悼するための黙祷を捧げた後に自然発生的に同曲を歌ったことでも話題になっている。

“Don’t Look Back In Anger”は今でもマンチェスターに力を与え続けているようで、追悼式典の会場となったアルバート広場でも観客が一体になって“Don’t Look Back In Anger”を歌っている。

当日の模様はこちらから。

https://twitter.com/softmin3/status/999040805510766593

https://twitter.com/ElaineWITV/status/999042104520249344

また、コーラス隊がアリアナ・グランデの“One Last Time”を歌った時にも大規模なシンガロングが巻き起こっている。

アリアナ・グランデは、昨年の自身の『デンジャラス・ウーマン』ツアーのマンチェスター公演を襲ったテロ事件から1年が経ったことを受けてファンにメッセージを綴っている。

「今日1日、そして毎日、みなさんのことを考えています。私のすべてをもってみなさんを愛していますし、この辛い日に私が届けるべき光と思いやりの気持ちをみなさんに送ります」とアリアナ・グランデはマンチェスターの象徴とされるハチの絵文字とともにツイートしている。

先週、アリアナ・グランデは『タイム』誌によるインタヴューの中でテロ事件について言及している。

「私が一番嫌なのは、そういうことが起きた時に、ファンのみんなからテロが勝利したって思われてしまうことなの」とアリアナ・グランデは語っている。

「音楽はこの世界で最も安全なものであるべきなの。それもあって、今でも毎日私の心に重くのしかかっているのだと思う」

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ