PRESS

Photo: PRESS

ジョニー・マーは自身の新曲“The Tracers”のミュージック・ビデオを公開している。

元ザ・スミスのギタリストであるジョニー・マーは6月15日にソロ・アルバム『コール・ザ・コメット』をリリースする。

リリースに先立ってジョニー・マーはマット・バンクロフトが監督した“The Tracers”のミュージック・ビデオを公開しており、みすぼらしい車に乗って廃工場へと行くものになっている。

“The Tracers”のミュージック・ビデオはこちらから。

多くの評価を集めたソロ作『ザ・メッセンジャー』、『プレイランド』に続く本作『コール・ザ・コメット』はマンチェスターにある自身のスタジオ、クレイジー・フェイス・スタジオでレコーディングされた。

「『コール・ザ・コメット』は僕にとってマジック・リアリズムなんだ」とジョニー・マーは新作について語っている。「そう遠くはない未来を舞台としていて、多くはもう一つ別の社会があったらというアイディアに関するものなんだ。曲に登場する人物は新たな理想主義を追い求めているんだよ。でも、いくつか個人的な曲もある。僕のような人間にとっては他人事じゃないようなことについてのね」

アルバムのトラックリストは以下の通り。

‘Rise’
‘The Tracers’
‘Hey Angel’
‘Hi Hello’
‘New Dominations’
‘Day In Day Out’
‘Walk Into The Sea’
‘Bug’
‘Actor Attractor’
‘Spiral Cities’
‘My Eternal’
‘A Different Gun’

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ