GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはニューヨークのミッキトリック・ホテルで行われたシークレット・ライヴでアメリカでのライヴ・デビューを果たしている。

リアム・ギャラガーはこの日ソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』からの新曲のほか、過去の名曲を交えて13曲を披露したという。

自身のバンドをバックにリアム・ギャラガーは、“Morning Glory”や“Be Here Now”、“Rock ‘n’ Roll Star”といったオアシスの名曲や新作からのリード・シングル“Wall Of Glass”や“Chinatown”を披露している。

リアム・ギャラガーはここ数週間にわたってヨーロッパ・ツアーを行ってきたが、今週のロラパルーザへの出演に先立って大西洋を渡っている。

観客が撮影したライヴ映像はこちらから。

先日、「Beats 1」のゼイン・ロウの番組に出演したリアム・ギャラガーはオアシスの再結成について触れ、兄のノエル・ギャラガーについて「俺と奴は話をしていないわけでさ。それが最も悲しいことだね」と語っている。

インタヴューの中ではノエル・ギャラガーがオアシスの曲を「ドリー・パートンみたいに」歌うことも批判している。

「俺は自分の子供たちだったりと過ごす時間を取り戻して、万事順調って感じだったんだけど、そろそろステージに戻って叫んだりシャウトしたりする準備が整ったかなって感じたんだ」

「オアシスの曲をきちんと聴きたければ、俺のギグに来てくれ。あの野郎はドリー・パートンみたいに歌うからな」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ