GETTY

Photo: GETTY

カサビアンの新曲が、公式リリースを5日後に控える中、オンライン上にリークされている。

新曲“Comeback Kid”は、YouTubeユーザーのオリ・アルベリが現地時間9月26日の朝に音源を投稿したため、聴くことができる状態になっている。

この曲は、サッカーゲーム『FIFA 17 ワールドクラスサッカー』のサウンドトラックに収録される1曲として、金曜日に公式にリリースされる予定となっていた。

カサビアン自身はこの曲をそこまで重要視しておらず、彼らの代理人が『NME』に先日語ったところによると、この曲が来年リリース予定のカサビアンのニュー・アルバムに収録されることはありえないという。

しかしながら”Comeback Kid”は、2014年にアルバム『48:13』をリリースして以来初めての公式の新曲となる。以前カサビアンは、レスター・シティがプレミア・リーグを制覇したのを受けて、キング・パワー・スタジアムで行ったライヴで、新曲“Put Your Life On It”を披露している。

他にも新作への収録が検討されている新曲として、”Good Fight”、”24/7”、”You’re In Love With A Psycho”、”All Through The Night”といった楽曲が挙げられている。

『Q』誌に対して、ギタリストでプロデューサーのセルジオ・ピッツォーノが新作は「俺たちのギターのルーツに立ち返っているんだ」と語っている。一方で、シンガーのトム・ミーガンは次のように語っている。「セルジオは俺にデモ音源を聴かせてくれたんだ。それで、俺は『何てこった!』ってなったよ。『48:13』とは全く違うんだ。クソみたいなインタールードとか、くだらないものは何もないんだ」

『FIFA 17 ワールドクラスサッカー』のサウンドトラックに収録されている他のアーティストは、ベック、バスティル、トゥー・ドア・シネマ・クラブ、バーンズ・コートニー、デクラン・マッケンナ、グラス・アニマルズらとなっている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ