GETTY

Photo: GETTY

カサビアンは現地時間10月13日にヴォーカリストのトム・ミーガン脱退後初となるライヴを行っている。

トム・ミーガンは「自身の人生を軌道に再び乗せることに全エネルギーを集中」させるために昨年7月にカサビアンを脱退している。その後、トム・ミーガンはパートナーのヴィッキ・エイジャーへの暴行の件でレスター治安裁判所に出廷している。彼は200時間の無償労働を宣告されている。

今年5月にカサビアンはトム・ミーガンなしで活動を続け、UKツアーを行うことを発表していた。ツアーは10月13日のO2アカデミー・グラスゴー公演からスタートしており、サージ・ピッツォーノがフロントマンを務めている。

観客が撮影した映像はこちらから。

ライヴにはザ・ミュージックのロブ・ハーヴェイがバッキング・ヴォーカルで参加しており、ロブ・ハーヴェイもそれを認めている。

セットリストは以下の通り。

Club Foot
Ill Ray (The King)
Underdog
Youre in Love With a Psycho
Bumblebeee
Stevie
Fast Fuse
I.D.
Ladies and Gentlemen (Roll the Dice)
Pinch Roller
Treat
Empire
Switchblade Smiles
Vlad the Impaler

Encore:
Bless This Acid House
Happiness
L.S.F. (Lost Souls Forever)
Fire

先日、元カサビアンのフロントマンであるトム・ミーガンは昨年暴行で有罪になったことを受けてメンタル・ヘルスの問題やリハビリの体験、キャンセル・カルチャーについて述べている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ