50セント

Getty

Photo: Getty


2012年、フィディはツイッターで「自分は長生きするとは思えない」とつぶやき、ファンを心配させた。彼は「人生が短いって意識することは自殺とかと違う」と続けて、パニックが起こるのを未然に防いだが、その後に長々と綴ったツイートを残している。「鳥になって、空を飛んで、世界の上にクソするのさ」詩人だね。


ニッキー・ミナージュ

GETTY

Photo: GETTY


ニッキー・ミナージュは今年、テイラー・スウィフトと小さなバトルがあった。それは彼女がツイッターで「すごくスリムな女性」を称えるビデオについて意見を述べた時で、テイラー・スウィフトはこれを自身に対する中傷だと受け取ったのだ。しかし、彼女が本当に鬱憤を溜め込んでいたのは、彼女がすぐ感情的に言い返すことを歌にした元彼のサファリ―・サミュエルズに対してだった。「悲しいパーティはもうおしまい。自分の人生を生きなよ」と彼のことを突っぱねるツイートをしている。


コートニー・ラヴ

Getty

Photo: Getty


ツイッターは、コートニー・ラヴの懸念している限りでは「Dirtylaundryairing.com(個人的な秘密を明かす.com)」とも呼べるだろう。彼女は、デイヴ・グロールが彼女の娘、フランシス・ビーンを口説こうとしたことを非難するためにツイッターを使い、「デイヴは何度も私とヤろうとしてきたし、彼はレイプに関する発言で物議を醸したロムニーみたいなところがある、っていつも思っていたの。私の友達全員ともヤッてたからね」と激しい調子でコメントを投稿している。


クリス・ブラウン

Getty

Photo: Getty


女性を大切に扱う部門において、必ずしも最高ではなかったクリス・ブラウンの評価は、2012年に彼のことを「価値のないクソのかけら」と呼んだ女性コメディアンに対して、「俺のアソコを咥えるときは歯を抜いておけよ、アバズレ」や「咥えてもらってる間に屁をこかないとな」などと滑稽なコメントを返したことで救いようもなくなった。紳士よ、なぜこんなことに……。


ジャスティン・ビーバー

Getty

Photo: Getty


タブロイド紙の嘘によって絶望の淵に追い込まれたジャスティン・ビーバーは、2013年にツイッター大戦争を開始している。「噂、噂、また噂ばっかりだ」とツイートを13回繰り返し投稿した。「ただポジティヴにいようと思う。俺をヘコませることなんてできない……人生の良い面にフォーカスするよ。俺は祝福されてるし、それを忘れてなんかいない。毎日それを還元していくんだ。俺の心は乱されない」素晴らしいことだね?


M.I.A.

Getty

Photo: Getty


M.I.A.の音楽的ヴィジョンと交われば、彼女がどんなレスポンスをするかは想像できるだろう。今年5月に「アフリカで撮影したビデオだから公開できないと言われた」と怒り心頭で投稿した彼女は、2013年にはアルバム『マタンギ』をインタースコープ・レコードから発売しないなら、このアルバムをリークすると脅したという出来事があった。2010年にも、彼女は批評家の電話番号をツイッターに晒している。基本的にマヤには絡まないほうがいいだろう。


プロフェッサー・グリーン

Press

Photo: Press


プロフェッサー・グリーンは、当時フィアンセだったミリー・マッキントッシュについて、スペンサー・マシューズが単なる「ショー・ポニー(子供だましの見せ物)」だとコメントしたことに対して、彼女を擁護した。「馬鹿で尊大な、成り上がりの女々しいやつが、ちょっと目立ちたくて吠えてるが、興味ねえな」とグリーンはやり返している。


エイミー・ワインハウス

Getty

Photo: Getty


彼女は、今ではもちろんカムデンのハートのクイーンとなったのだが、2010年にはエイミーのドラッグ乱用が原因で仲違いしたマーク・ロンソンを、インターネット上でロットワイラーのように追いかけまわしている。「ロンソン、あんたは私にとって死んだも同然よ。私が書いたアルバムで、あんたはクレジットを半分持ってったわ、そうやってキャリアを作ってきたのね? そう思わない? 兄弟」と怒りを爆発させている。


デッドマウス

Getty

Photo: Getty


古くからの子分であるスクリレックスがインタヴューでデッドマウスをクソ野郎と呼んだことを、デッドマウスは良いように受け取らなかった。これがオンライン上で自己認識セッションを始めるきっかけとなった。「精神科医顔負けの精神分析をたくさんありがとさん。結局のところ、俺が『惨め/気分屋/ネガティヴ』なヤツでも、それに対処したりしなかったりするのは俺自身だろ」と応戦している。


ワイリー

NME

Photo: NME


2013年のグラストンベリー・フェスティバルに出演予定だったワイリーはセットを引き上げて逃亡した後、奇妙なツイートを立て続けに投稿する中で「(グラストンベリーでは)以前に成し遂げたことがあるから」と理由を説明した。そして、当時は少なくともこの予算では泥に対処できなかったという。「俺が到着した途端……雨だ。やってらんねえ。グラストンベリーは快適な空間を俺が確保するだけの十分な金を払わなかった……ケチな野郎だ」と投稿している。


Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ