マイルズ・ケイン:「ファッション・アイコン」

921168bdaa5668e3d49c77cb6e275166
「ジョン・レノンのファッションやヘアスタイルは、生涯にわたって実に様々な変遷を経ているけど、最高のヘアスタイルは、1970年に『トップ・オブ・ザ・ポップス』に出演して“Instant Karma!”を演奏した時だね。てっぺんがスキンヘッドよりちょっと長めで、顎ひげを揺らしてて、全身デニム姿だった。うん、彼のファッションの中では、あのスタイルが一番のお気に入りだな。あのヘアスタイルにメガネとひげが、どうしようもなくクールだったんだ!

俺の中では、あのスタイルが、彼の自信満々な態度と結びついてるんだよ。音楽にハマるには、当然、いろんなインスピレーションや理由があるんだけど、俺の場合はジョン・レノンが主な理由だったな。俺がウィラルで育ったことも理由の一つだけど、家ではいつもジョン・レノンが流れてたんだ。これまでにもさんざん言ってきたけど、(俺が音楽を始めるきっかけとなった)曲はアルバム『イマジン』の中の“Gimme Some Truth”なんだ。

たぶん、俺はいつもあのへんの時代に戻ってしまうんだな。ザ・ビートルズの作品も好きだけど、二者択一だとしたら、俺はまずレノンのソロのほうを選ぶよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ