ドレイク VS クリス・ブラウン

GETTY

Photo: GETTY


当代きってのR&Bシンガーである2人は、もちろんリアーナとの縁からお互いに知り合った存在ではある。しかし、彼らは部屋にゲームのプレイヤーが2人以上いることをすぐに学ぶことになる。2014年の初めにはロサンゼルスのスタジオで2人でつるんでいたこともあったほどだが、それでも仲違いのニュースが舞い込んできており、ドレイクはクリス・ブラウンの“Loyal”を聴いて「車のCMみたいにダサいサウンドだ!」と嘲ったという。

ミック・ジャガー VS キース・リチャーズ

GETTY

Photo: GETTY


50年以上もダートフォード出身の同じバンドで最高の音楽を共に制作しているにもかかわらず、ミック・ジャガーとキース・リチャーズは愛憎が混然一体となった関係を続けている。この関係は、キース・リチャーズが自伝でミック・ジャガーの男性器のサイズをからかった時も大して変わらなかったし、ミック・ジャガーがスーパーヘヴィを結成した時も変わらなかっただろう。行ったり来たり、同じところを回っているのだ。

メタリカ VS メガデス

GETTY

Photo: GETTY


メガデスのデイヴ・ムステインは、元々メタリカのオリジナル・メンバーのギタリストとして活動していたが、薬物乱用により1983年にバンドを追放されている。彼はいまだにそれを良しとしていないようだ。「彼は時おり素晴らしい演奏をしようとしていたが、でも酷いサウンドになってしまうんだ」とジェイムズ・ヘットフィールドは語っている。ムステインの反応は? 「あいつらは自分たちが思っているよりも物事を知らない能無しだ」

マドンナ VS プリンス

GETTY

Photo: GETTY


1980年代を代表する3人のスターのうちの2人は、しばらく上手くやっていたが、1985年に良くない言葉の応酬が続く心地悪い関係になった。マドンナがプリンスを「小さなトロール」と比較して、彼が紅茶を飲む仕草をバカにしたのだ――意地が悪いよ。2007年には、プリンスはO2レジデンシーのライブ中に「マドンナの子供の数より俺のヒットのほうが多い」と、まだ根に持った発言をしていた。しかし、その後は良好な関係が続いていた。

エミネム VS ジャ・ルール

GETTY

Photo: GETTY


まず、この対立関係は、エミネムとドクター・ドレーが50セントと契約を結び、ジャ・ルールをのけ者にしたことから始まった。ジャ・ルールは“Loose Change”で彼らにディスを飛ばしただけでなく、エミネムの元妻であるキムや娘のヘイリーのことまで罵っている。もちろん、この歌詞はエミネムを若干苛立たせ、彼も“Doe Rae Me”で応戦した。正直なところ、たぶん彼らは今もディスの交換を続けているだろう。

ロバート・スミス VS モリッシー

GETTY

Photo: GETTY


物憂げな声でお馴染みの80年代のヒーローであるロバート・スミスとモリッシーには共通点がほとんどない。「スミス」の姓に関するふざけた質問に対して、モリッシーは銃を撃つならとして、マーク・E・スミス、パティ・スミス、ロバート・スミスの3人の「スミス」姓の人物を挙げている。ザ・キュアーのフロントマンは応戦し、「モリッシーが肉を食べないようにと言うなら、俺は肉を食べるね。それくらいモリッシーのことが嫌いなんだ」と語っている。

レディー・ガガ VS マドンナ

GETTY

Photo: GETTY


こちらは悲劇的なお話。むかしむかし、マドンナはレディー・ガガのヒーローでした。しかし、彼女はあまりに深く信仰してしまったのでしょうか? マドンナはそうに違いないと考えました。なぜなら、レディー・ガガの“Born This Way”がリリースされた時、見過ごせないほど自分の“Express Yourself”に似ていると思ったのです。マドンナはこの2曲と“She’s Not Me(彼女は私じゃない)”という曲をライヴでマッシュアップして歌いました。むしろこっちのほうに棘があるね。

タイラー・ザ・クリエイター VS ティーガン&サラ

Dan Dennison/NME/Press

Photo: Dan Dennison/NME/Press


本格的に言葉の応酬を繰り広げているライバル関係ではないが、2011年にサラ・クインは、タイラー・ザ・クリエイターの同性愛嫌い的な歌詞についてティーガン&サラのウェブサイトで「吐き気がする」、「いじめだ」と咎めている。タイラーの反応は? 彼はツイッターに「もしティーガン&サラが固いオチンチンを必要なら、俺のところに来いよ!」と投稿している……これが真の解決策だね。

スティーヴ・アルビニ VS アマンダ・パーマー

Dan Dennison/NME/Getty

Photo: Dan Dennison/NME/Getty


伝説的プロデューサーのスティーヴ・アルビニは、2012年にツアーのパフォーマーにタダ働きをさせようとしたアマンダ・パーマーにご立腹で、彼は「お前は間抜けだ」と切り捨てている。その後、彼は謝罪しているが、それを大変冷静に受け止めた彼女は、スティーヴ・アルビニのことを「気難しいクソ」だと、おそらく愛情を込めて表現している。それから、スティーヴ・アルビニは彼女への謝罪を明確にすべく、アマンダ・パーマーを「搾取的」と呼んでいる。うん、これで万事大丈夫だね。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ