31. カヴァーを禁止

GETTY

Photo: GETTY


2010年、プリンスはNHS(国民保健サービス)の歯科医が現代音楽のオペラ・ヴァージョンとして“Purple Rain”をカヴァーすることを禁止した。彼は歯を食いしばって必死に戦ったに違いない。

32. 映画での失敗

GETTY

Photo: GETTY


プリンスの2作目の映画は1作目の成功にさほど続かなかった。『プリンス/グラフィティ・ブリッジ』は酷評され、興行収入的にも失敗に終わり、ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の最低作品賞、最低主演男優賞、最低監督賞、最低脚本賞、最低新人賞(イングリッド・シャヴェイズ)の5部門にノミネートされた。

33. 他人への楽曲提供

GETTY

Photo: GETTY


プリンスは他のアーティストにも曲を書いている。有名なのはバングルスの“Manic Monday”、チャカ・カーンの“I Feel For You”、そして忘れてならないのは、シネイド・オコナーがカヴァーした“Nothing Compares 2 U”である。

34. 実現しなかったコラボレーション

GETTY

Photo: GETTY


プリンスとエイミー・ワインハウスはコラボしようとしていた。プリンスが彼女のファンだと公言してから、カムデン出身のエイミー・ワインハウスは次のように語っている。「実現するならすべてを投げうってでもやりたい。喜んでさせてもらうわ。1日中やっていたい」

35. 香水をめぐって訴訟

GETTY

Photo: GETTY


2012年、プリンスは商品のプロモーションを怠ったとして香水の会社に400万ドル(約4.4億円)を支払うように命じられた。レヴェレイションズ・パフューム・アンド・コスメティックスは、彼の2006年のアルバムにちなんで名づけられた「3121」という香水のプロモーション契約をプリンスが破ったとして、2008年にこのスーパースターを訴えている。

36. 『パープル・レイン』のチャート記録

GETTY

Photo: GETTY


映画『パープル・レイン』のサウンドトラックはビルボード・チャートで24週間も首位に輝いていた。24という数字は、プリンスのギグの1つで彼が弾いたギター・ソロの長さでもある。

37. プリンスの大好物

GETTY

Photo: GETTY


プリンスの大好物? もちろんスパゲッティとオレンジジュースさ。

38. プリンスがファンレターを書いた人物

GETTY

Photo: GETTY


プリンスはかつてジョニ・ミッチェルにファンレターを書いていた。ジョニ・ミッチェルはプリンスが15歳の時に、彼女のコンサートの最前列にいたと語っている。

39. プリンスは自分の作品を聴かない?

GETTY

Photo: GETTY


プリンスが自宅で過去の自分のアルバムを聴いている姿を見ることはないだろう。「僕はメッセージを形にしたら、次に進むんだ」と米『ローリング・ストーン』誌に語っている。

40. プリンスの髪の切り方

GETTY

Photo: GETTY


プリンスは昔、お金を払ってワシントンにあるサロンを閉めさせ、すべての窓を塞ぎ、ヘアスタイルを整えてもらった。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ