GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはオアシスのファンにからまれるのを避けるために朝早く起きていることを明かしている。

リアム・ギャラガーは先週ソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースしており、現時点でUKアルバム・チャートの1位へと向かっている。

アルバムのリリースに伴って「Beats 1」のスタジオでジュリー・アデヌガのインタヴューに答えたリアム・ギャラガーは、会話の中で、ジョギングの際にオアシス・ファンからの質問に答えるのを避けるために外出する時間を決めていると語っている。

「俺は毎朝5時か5時半には起きるんだ。俺は早起きなんだよ」とリアム・ギャラガーは説明している。「というのも、朝にランニングしないと、いろんな人が『オアシスはいつ再結成するの?』とか、『兄貴はどんな感じ?』とかってことになるんだよ。まるで、そこで取材をやってるみたいでね。つま先まで触ってこようとするんだ。言ってること分かるだろ? 『兄貴をこき下ろすのはやめろ』とかさ」

「早くだと誰もいないからね」と彼は続けている。「オアシスのファンは昼の3時まで起きないからな」

ラジオ出演の模様はこちらから。

リアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーは週末もプレスを通してやり合っており、ノエル・ギャラガーはリアムについて「精神科医に診てもらう必要がある」と語り、リアム・ギャラガーはワン・ラヴ・マンチェスターのコンサートについてノエルに出演依頼があった証拠があるとツイートしている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ