GETTY

Photo: GETTY

ザ・フーのロジャー・ダルトリーはザ・フーの新作をレコーディングする気がしないことを認め、「レコードの市場はもうない」と語っている。

ザ・フーは2019年に13年ぶりとなるアルバム『WHO』をリリースしているが、ロジャー・ダルトリーは次回作が実現するかは分からないと述べている。

彼は『アンカット』誌に次のように語っている。「ザ・フーの新たなアルバムがあるかって? 分からないね。レコードの市場はもうないからね。みんな、話をしているのはストリーミングだけど、あそこからアーティストが何を得たのを見た? 冗談みたいだよ」

対照的にピート・タウンゼントは先日、ロックダウン後に新作に取り組みたい考えを示していた。

「歌詞の下書きを書いたページがたくさんあるんだ」と彼は語っている。「その時が来たら、スタートさせるよ」

ザ・フーは今月に予定されていたUK&アイルランド・ツアーを中止することも発表している。

10公演の日程は3月5日のダブリン公演から始まり、3月29日のマンチェスター公演で締めくくられる予定となっていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止されている。

ザ・フーは当初このツアーを2020年3月に予定していたが、新型コロナウイルスのパンデミックで2021年3月に延期されていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ