GETTY

Photo: GETTY

シーラ・Eはプリンスとの関係にまつわる「美しい物語」を描いた伝記映画が公開されることが発表されている。

「パーカッションの女王」を自称するシーラ・Eはフェイスブックで映画のタイトルを発表して、近い将来公開されることを予告している。

「まもなく公開……シーラ・Eはプリンスと過ごした時間の美しい物語を伝える映画『ガール・ミーツ・ボーイ』を公開します。乞うご期待」と彼女は述べている。

“The Glamorous Life”といったヒット曲で知られるシーラ・Eは70年代のコンサートでプリンスと初めて出会い、『パープル・レイン』のレコーディング・セッションでヴォーカルで参加している。

https://www.facebook.com/SheilaEDrummer/posts/4228294430516269

1984年のグラミー賞でシーラ・Eは複数部門にノミネートされた後、彼女はプリンスの『パープル・レイン』のツアーでオープニング・アクトを務め、2人はツアー中に恋愛関係を発展させている。

シーラ・Eは2016年にプリンスが不慮の死を遂げるまで親しい友人関係を続け、何度か共演しており、近年の一連の追悼コンサートでは筆頭アーティストに名を連ねている。

昨年、シーラ・Eは幅広い未発表曲に2人で取り組んでいたと明かしている。

「彼は周りにいる人たちから影響を受けて、そこがクールだったわ。彼はずっと同じタイプの人々と一緒にいたの」と彼女は『ガーディアン』紙に語っている。「アーティストとして人間として成長するという点で、いろんなことに打ち解けることができる人だった」

彼女は2人が「人生の大半で一緒に仕事をしてきた」と述べ、一緒に作った未発表曲がたくさんあると語っている。

「彼と会ってからはジャムを始めて、亡くなる数年前まで止めることはなかった」と彼女は語っている。「たくさんの音楽があるの。彼とはいつもスタジオにずっと何年もいたのよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ