GETTY

Photo: GETTY

AC/DCのアンガス・ヤングはアクセル・ローズについてライヴではブライアン・ジョンソンの代役を務めたものの、バンドと新曲に取り組むことはなかったと明かしている。

アクセル・ローズはブライアン・ジョンソンが聴覚を失う可能性から医師にライヴを止められたことを受けて、2016年の「ロック・オア・バスト・ワールド・ツアー」の最後の日程に参加している。

ファンを魅了したもののアンガス・ヤングはツアー中にアクセル・ローズとレコーディングを行うことはなかったと語っている。

アンガス・ヤングは米『ローリング・ストーン』誌に次のように語っている。「何も生まれなかったね。彼が関わっているものはたくさんあるのは知っていたからね。それが音楽と呼ばれるものだけなのかもわからないけどさ。ただ、彼には足を突っ込んでいるものがたくさんあるわけでさ」

曲に取り組むことはなかったのかと訊かれて、アンガス・ヤングは次のように語っている。「ないよ。まったくね。そういうことにはならなかったね」

アクセル・ローズはかつて2016年にAC/DCと一緒にレコーディングを行う可能性を匂わせていた。

「すごく守りたいと思ったんだ。この人をがっかりさせたくないと思ったんだよ。これまでに会った誰よりもね。なんでかは分からないけどさ」

「彼はすごく俺に反応してくれるんだよね。あんな楽しそうな彼は見たことがないと周りは言っていたよ。あんなにも動き回る彼を見たことがないってね。曲の間では(新曲になりそうな)アイディアを弾いてくれたりしてね。それってミュージシャンにとっては素敵なことなんだよね」

先日、AC/DCのアンガス・ヤングはどのアルバムがバンドを「定義づけた」と考えているかを明かしている。

スイスの「ラジオSRF 3」のインタヴューを受けたアンガス・ヤングは「AC/DCを聴いたことのない人を感心させるとしたら、バンドのどのアルバムをかけるか」という質問を受けている。

「『ロック魂(Let There Be Rock)』だね」と彼は答えている。「僕にとっては『ロック魂』がそのアルバムだね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ