GETTY

Photo: GETTY

ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは父のエディ・ヴァン・ヘイレンなしにヴァン・ヘイレンが復活することはあり得ないとしている。

エディ・ヴァン・ヘイレンが今年10月にガンとの長い闘病の末に65歳で亡くなるまで、ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは2007年の再結成からベースを担当している。

ヴァン・ヘイレンを復活させることはあるかと尋ねた人の現在は消されているツイートにウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは次のように応じている。「自信を持って言えるけど、ヴァン・ヘイレンで父親を差し替えることはないし、それで世界をツアーしても父親の思い出に対して失礼になるよ」

「エディ・ヴァン・ヘイレンなしにヴァン・ヘイレンはあり得ない。諦めてくれ。できないとしても、僕はどう思っているのかを明らかにした時は僕を悩ませたり、やるように求めてくるのはやめてほしい」

彼は次のように続けている。「特に僕が金のためにモラルを投げ捨てたかのように尊大に振る舞うのはやめてくれ」

先日、ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは父であるエディ・ヴァン・ヘイレンのアーカイヴ音源のリリースについて「待ち構えるのは止めてほしい」と語っていた。「ずっとそれが行われていくということにはならないよ。リリースする価値があるものがどれなのかは分かっていないんだけどさ」

「父はある程度いいものはリリースしてきているからね。まあ、リリースしようという意図がなかったとしても、ちゃんとまとめて、デジタル化したいと思っている。それで、今後も無事な形にしておきたいんだ。非常に大変な作業になるし、非常に長くかかる作業になるんだろうけどね」

先日、ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは父親の健康が悪化する前は「クラシック・ラインナップ」での再結成ツアーが計画されたことを明かし、これについてはマネージャーのアーヴィン・エイゾフも認めている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ