GETTY

Photo: GETTY

システム・オブ・ア・ダウンのドラマーであるジョン・ドルマヤンはバンドの活動休止について「悲惨なこと」だったと語っている。

システム・オブ・ア・ダウンは2006年から2010年まで活動を休止しており、2005年発表の『メズマライズ』と『ヒプノタイズ』以来、フル・アルバムをレコーディングしていない。

「アクション・フィギュアズ」のリチャード・アランによる新たなインタヴューでジョン・ドルマヤンはシステム・オブ・ア・ダウンがアルバムを作らないことについて語っている。

「僕としては一度もシステム・オブ・ア・ダウンを活動休止させたいと思ったことはないんだ」と彼は語っている。「あれは自分たちにとって悲惨なことだったと思う。というのも、僕らはピークに達したことがないんだ。僕らにはいまだにたくさんの音楽があると思っているし、バンドとしてもビッグで、アメリカでも世界的にも大きな集客力を持っているわけでさ。世界最大のバンドにもなれたと思うんだよね。そのポテンシャルはあるのに、実現できないのはなぜだと思う?」

「システム・オブ・ア・ダウンは素晴らしいバンドだし、素晴らしいライヴもできる。自分たちが達成してきたことも誇りに思っているけど、でも、僕らはまだここなんだ。もっと先にまで行けるはずだったのにね」

ジョン・ドルマヤンは次のように続けている。「これから実現できないってわけじゃないけどさ。でも、難しいんだよね。エゴというマントを脱いで、一つの部屋に集まって一緒に取り組み、最善を尽くさなければならないからね。全員がバンドにとっての最善を考えない限り選択の余地はないんだ。バンドの定義とは無私無欲なんだよ。集団というのはそういうものだろ?」

「このことに関連して本当に悲しいのはスカーズ・オン・ブロードウェイも問題ないし、サージ・タンキアンのソロ・プロジェクトも問題ないけど、どちらもシステム・オブ・ア・ダウンに匹敵するものではないということなんだよ。活動を休止する時、もう1枚アルバムを作ろうと言えば、違った話になっていたかもしれないよね」

彼は次のように語っている。「結局のところ、僕らはかなりのことを成し遂げたわけで、僕らの墓碑銘は既に決まっているんだろう。孫は『僕の祖父はあのバンドにいて、これだけのことをやったんだ』なんて言えるはずだよ。そして、人類が続く限りは音楽も聴けるんだろう」

「自分たちの可能性を追求できなかったことは悲しいことだけどね」とジョン・ドルマヤンは締めくくっている。「ともすれば僕らは可能性としては10枚のアルバムを発売することもできたはずなんだ。でも、そうなっていたら『やり尽くした』と言って去ることになっていたかもしれない。そして、残りの人生を幸せに暮らしたかもしれない。50歳にもなって、部屋に佇みながら惨めだと思うことをやって、それが自分のせいだと分かってるなんて最低だよね。突き詰める勇気が、すべてを注ぐ勇気がなかったからだってね」

一方、システム・オブ・ア・ダウンは“Chop Suey!”のミュージック・ビデオがYouTubeで10億回の再生回数を突破している。

“Chop Suey!”は2001年発表の『毒性』からのリード・シングルとなっている。約20年前にリリースされた楽曲だが、2009年までYouTubeにアップされていなかった。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ