GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領が選挙運動で許可なく音楽を使用したことについての訴訟が棄却されたと報じられている。

『ニューヨーク・タイムズ』紙のベン・シサリオは棄却通知と思われる法廷書類のスクリーンショットをツイートしている。

スクリーンショットの中でニール・ヤングは「両陣営が負担する裁判費用を踏まえ、最終的にドナルド・トランプ大統領に対する訴え」を自主的に棄却すると述べられている。

『ハリウッド・レポーター』は今回が最終的な棄却となり、改めて訴訟を起こすことができないことを指摘している。記事執筆時点で両陣営の弁護士は訴訟の状況について正式な声明は発表していない。

ニール・ヤングとドナルド・トランプ大統領のやりとりは今年1年にわたって続いており、ニール・ヤングはソーシャル・メディアでドナルド・トランプ大統領による自身の音楽を使用する許可を出していないと口にしている。8月にニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領の選挙活動の集会で自身の楽曲が許可なく使用されたことについて訴状を自身のサイトに掲載していた。

「ドナルド・トランプ大統領の選挙活動は原告の曲を使用しないようにという発言を無視して、ライセンスがないまま意図的に曲の使用を続けました」と今回、訴状には記されている。「選挙活動側は公の政治的催事で2曲を使用するライセンスや原告の許可をタルサで集会を行った時も持っていませんでしたし、今も持っていません」

ニール・ヤングは訴状で「意図的な著作権侵害で求めることのできる最大限の法定損害賠償」を求めている。

先日、ニール・ヤングは1979年発表のアルバム『ラスト・ネヴァー・スリープス』に収録の“Powderfinger”の未公開バージョンが公開されている。

公開されたバージョンはカリフォルニア州ポイント・デュムで1975年6月12日に収録されたものとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ