GETTY

Photo: GETTY

AC/DCはブライアン・ジョンソン、フィル・ラッド、クリフ・ウィリアムスがバンドに復帰することを正式に発表している。

AC/DCは先週からシーンへの復帰を予告しており、ソーシャル・メディアで短い動画が公開されたほか、ポスターが掲示されたり、新聞広告が掲載されたりしていた。

現地時間9月30日、AC/DCはブライアン・ジョンソン、フィル・ラッド、クリフ・ウィリアムスがバンドに復帰することを正式に認めている。

ブライアン・ジョンソンは4年ぶり、フィル・ラッドは5年ぶりの復帰となっており、ベーシストのクリフ・ウィリアムスは2016年の『ロック・オア・バスト』ツアーの後、引退を表明していた。バンドはリード・ギタリストのアンガス・ヤング、リズム・ギタリストのスティーヴィー・ヤングという布陣となっている。

ブライアン・ジョンソンは聴覚を失う可能性からバンドを2016年に離脱していた。フィル・ラッドは2015年にドラッグ所持と殺人教唆で有罪になったことを受けて脱退していた。

7月にバンドの近い友人であるツイステッド・シスターのディー・スナイダーはアルバムは既に完成しているものの、新型コロナウイルスのパンデミックのためにリリースが延期されたと述べている。

「実現することとして知っているのは、もう1枚のアルバムのためにバンドが戻ってくるということだよ。高揚と切なさが同時に襲ってくるんだ。というのも永遠に続くものはないからね。でも、究極の『もう一度』になるよ」

AC/DCが最後にリリースしたアルバムは2014年発表の『ロック・オア・バスト』となっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ