GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングは映画『あの頃ペニー・レインと』に出演する予定だったと監督のキャメロン・クロウが語っている。

米『ローリング・ストーン』誌で初めての仕事を得た若い音楽ジャーナリストを描いた『あの頃ペニー・レインと』は来月で公開から20周年を迎える。

米『ローリング・ストーン』誌のインタヴューでキャメロン・クロウはビリー・クラダップが演じたラッセル・ハモンドの疎遠な父親、ハリー・ハモンドをニール・ヤングが演じる予定だったと語っている。「ニールはクリーヴランド公演の楽屋に若い妻とやってくることになっていたんだ」

「彼らは公演を褒めて、若い妻はビリー・クラダップを見て、彼も彼女を見る。それでビリー・クラダップは分かるんだ。父親が利用されていて、自分の成功の抱き合わせであることをね。成功が疎遠な親に何をもたらしたのかについての悲しい瞬間なんだ」

キャメロン・クロウは次のように続けている。「ちょっとした素晴らしいシーンだったんだけどね。ベッツィー・ハイマンが衣装を決めて、服も全部あったんだけど、その日の朝になくなったんだ。でも、彼は“Cortez The Killer”のアコースティック版を提供してくれて、彼のアーカイヴから完璧なテイクを見つけて、ミックスして、提供してくれたんだ。だから、彼は与え、そして奪ったんだ」

キャメロン・クロウは先日、『あの頃ペニー・レインと』でフィリップ・シーモア・ホフマンが伝説的なロック評論家のレスター・バングスを演じたことについて語っている。フィリップ・シーモア・ホフマンは2014年に亡くなっている。

「フィリップ・シーモア・ホフマンは自分のシーンを撮影する時、風邪をひいていたんだ」とキャメロン・クロウは語っている。「彼はずっとセットでイヤホンをしていた。彼がレスター・バングスを演じるなんて最高だよね。レスター・バングスも同意してくれるはずだよ。彼らは近い世界の見方をしていたんだ。どっちも光り輝いていた。空に輝く2つの彗星だよね」

『あの頃ペニー・レインと』のオリジナル・キャストが20周年を記念してジェイムス・アンドリュー・ミラーのポッドキャスト「オリジンズ」に出演することも決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ