GETTY

Photo: GETTY

女優のグウィネス・パルトロウはコールドプレイのクリス・マーティンとの離婚について振り返っている。

グウィネス・パルトロウとクリス・マーティンは2014年3月におよそ10年におよぶ結婚生活に終止符を打っている。クリス・マーティンとグウィネス・パルトロウは離婚後も非常に親しい間柄にあり、クリス・マーティンは現在16歳のアップルや14歳のモーゼズを一緒に育てている。

グウィネス・パルトロウは英『ヴォーグ』誌に寄せたエッセイで離婚について振り返っている。

「私が知った日と真実を受け入れた日の間、私たちはあらゆることを試しました。終わらせたくなかったし、誰も裏切りたくなかったし、心底子どもたちを傷つけたくなかった。私たちは家族を失いたくなかったのです」

「哲学的な意味でも実践的な意味でもその問いは非常に難しいものです。誰がどこで寝るのか、風呂に入る時間はどうするのか、子どもたちに何を言うのか? それに答えを出すのを避けるために、ありとあらゆる形を試すことになりました。でも、ある日その努力にもかかわらず、もう分かれ道にいるのではないことが分かったのです。もう道を下っていたのです。それにほとんど気づくことなく、私たちは違う道を行っていました。もう二度と一緒にいることはないと知ったのです」

現在はプロデューサーのブラッド・ファルチャックと結婚しているグウィネス・パルトロウだが、エッセイを次のように締めくくっている。「元夫が子どもたちの父親であることを分かっています。今の夫は私が一緒に歳を重ねていく人です。意識的別離はこうした2つの愛が共存し、お互いを支えることを分からせてくれました」

コールドプレイはデビュー・アルバム『パラシューツ』のリリースから20周年を記念して新たにアナログ盤をリリースすることが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ