GETTY

Photo: GETTY

ボブ・マーリーは新たなドキュメンタリーが今夏BBC 2で放送されることが決定している。

『ホエン・ボブ・マーリー・ケイム・トゥ・ブリテン』と題されたドキュメンタリーは1時間の番組で、ボブ・マーリーがUKの音楽シーンに与えた影響を追ったものとなっている。

BBCのプレス・リリースではドキュメンタリーについて「UKが市民社会として非常に激動していた時代にイギリスの政治や文化、アイデンティティにその存在が与えた影響を明かすもので、彼のワン・ラヴという普遍的なメッセージと結束はイギリスの黒人の若者を鼓舞したのです」と述べられている。

プレス・リリースは次のように続いている。「この作品はイギリス滞在時のボブ・マーリーの暮らしを明かすものとなっています。彼の住んでいた家、バタシー・パークでやっていたサッカーの試合、イギリスで成長していたラスタファリ・コミュニティ、北部でやったシークレット・ライヴなどです。イギリスにいる間にボブ・マーリーは世界的なアーティストとして確立され、最も成功を収めたアルバムをレコーディングし、いくつかの最も記憶に残るコンサートを行っています」

ゴーストポエットがナレーションを務めるこのドキュメンタリーは過去の貴重な映像が使用され、ボブ・マーリーを知る人物のインタヴューが盛り込まれたものとなっている。

ドキュメンタリーはスチュワート・ラムゼイが監督とプロデュースを手掛け、カレン・ガバイが脚本を担当している。番組はマーク・ロビンソンがエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、8月にBBC 2で放送される。

マーク・ロビンソンは本作について次のように語っている。「ボブ・マーリーの音楽は世界中の何百万人の人々に影響を与えたことを私たちは知っています。彼がUKで暮らしていた頃に会った人々の人生を変えた物語はあまり知られていません」

「ボブ・マーリーは70年代にロンドンで暮らし、レコーディングを行い、この国でツアーも行っていました。ティーズサイドからランカスター、バーミンガム、ブリストルまで、彼はイギリスのカルチャーを変える手助けをしたのです」

「このドキュメンタリーのためにボブ・マーリーとの出会いを忘れられない人と話をしました。ツアーに帯同した人や学校のホールでライヴを観た人、彼が北部のラスタファリ・コミュニティを訪れた時にいた人などです」

彼は次のように続けている。「これはイギリスがボブ・マーリーを変えた物語でもあります。彼はイギリスを第二の故郷と呼び、彼を世界的なスーパースターにする大きな役割を果たしました」

先日、息子のジギー・マーリーは配信でパフォーマンスを行って、父親の楽曲を披露している。

ボブ・マーリーは2020年に生誕75周年を迎えることを記念して、「MARLEY75」と題したキャンペーンが1年間にわたって展開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ