Adrian Boot

Photo: Adrian Boot

ボブ・マーリーは生誕75周年を記念して3つの企画が行われることが明らかになっている。

ボブ・マーリーは2020年に生誕75周年を迎えることを記念して、「MARLEY75」と題したキャンペーンが1年間にわたって展開されることが決定している。

今回は発表された企画の1つ目は息子のジギー・マーリーによる配信パフォーマンスが決定している。これは7月19日にボブ・マーリー公式YouTubeチャンネルで日本時間7月20日午前1時に配信されるもので、11曲を演奏することが決定している。フル・パフォーマンスの音源は『Ziggy Marley – Bob Marley 75th Celebration(pt.1)』というタイトルで7月31日にデジタル・アルバムとして配信される。

2つ目は衛星ラジオ局「シリウスXM」で日本時間7月16日午前1時にボブ・マーリーの「タフ・ゴング・ラジオ」がスタートする。この限定チャンネルでは、ボブ・マーリーと彼のバンド、ザ・ウェイラーズの音楽を特集し、スタジオやライブ・パフォーマンス、人気曲、レア・トラックを取り上げるほか、ボブ・マーリーが設立したレーベルであるタフ・ゴングに所属するアーティストたちによるレコーディングも聴くことができる。

https://www.siriusxm.com/thejoint

3つ目は世界的な森林再生に焦点を当てた非営利組織であるワン・トゥリー・プランテッドとユニバーサル・ミュージック・エンタープライズが協力して、スポティファイでボブ・マーリーの楽曲を再生すると収益の一部が植樹活動に寄付される。キャンペーン・サイトでは何本の樹が植えられるか確認することもできる。

https://streamfortrees.com

ボブ・マーリーについては公式YouTubeチャンネルで今後もコンテンツが配信されていくことが予定されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ