GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンは自身のアルコールとの関係について語っている。

現在43歳のクリス・マーティンだが、BBCラジオ2のジョー・ワイリーにあまりアルコールではいい影響がないと語っている。

「自分はいい飲み手ではないよね。あまりうまくいかないんだ」と彼は語っている。「すごく憂鬱になったり、飲みすぎたりしてしまうんだ。もう僕は強い人間になったとは感じているけど、飲むことで強くなりすぎてしまうこともあるんだ」

インタヴューでクリス・マーティンはミュージシャンになりたいと言った時、両親のアンソニーとアリソンは「冗談」だと思ったことを明かしている。

「『木星にカジノをオープンさせる』とでも言ったほうがよかったのかもしれないね。そのほうが現実的だったはずだよ」と彼は語っている。「思うに父親と母親に『バンドに入りたいと思ってるんだ』と言った時、彼らは冗談だと思ったから『分かった』と言ったんじゃないかな。母親になにかを演奏した時のことを覚えているんだけどさ。『これがあなた?』なんて言っていてね。その後『分かったわ。問題ないわ』と言っていたよ」

「そこからは彼らは素晴らしかったよね。両親はどっちも農家の家の出身なんだけど、僕らが経験したことというのは彼らにとって縁もゆかりもないことだったと思うよ。僕ら自身にとっても何年かはそうだったんだけどさ」

コールドプレイはデビュー・アルバム『パラシューツ』のリリースから20周年を記念して新たにアナログ盤をリリースすることが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ