Adrian Boot

Photo: Adrian Boot

ボブ・マーリーは“No Woman, No Cry”のミュージック・ビデオが公開されている。

これは7月1日のインターナショナル・レゲエ・デーを祝して公開されたもので、クリスティアン・メルカード・フィゲロアが監督を務めており、撮影はジャマイカとニューヨーク・シティで行われている。

“No Woman, No Cry”のミュージック・ビデオはこちらから。

この映像作品は、とある家族をふたつのストーリーによって描き出したものになっており、母親は、故国ジャマイカで子育てに奮闘する一方、父親は家計を支えるためにニューヨーク・シティに渡り、たったひとりでタクシー運転手として休むことなく働くものとなっている。

ボブ・マーリーの公式YouTubeチャンネルでは、7月3日に“Lively Up Yourself”の新作ミュージック・ビデオも公開予定となっている。

ボブ・マーリーは6月26日に6曲入りEP『ホワイ・シュド・アイ/エクソダス』がリリースされており、“Exodus”の12インチ・エクステンディッド・バージョン、ダブ・バージョン、他のレコードでは聞けないスペシャル・ミックス・バージョンが収録されている。

ボブ・マーリーは2020年に生誕75周年を迎えて「MARLEY75」と題したキャンペーンが1年間にわたって展開されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ