GETTY

Photo: GETTY

トゥールのギタリストであるアダム・ジョーンズは自身のインスタグラム・アカウントで“Descending”のデモ音源の一部を公開している。“Descending”はトゥールにとって13年ぶりのアルバムとなった『フィア・イノキュラム』に収録されている。

“Descending”のデモ音源はこちらから。

この投稿をInstagramで見る

Early comp of what is now descending. ? Writing music ? Justin and I normally bring in potential riffs and demos – then the 3 of us tear them apart like wolves while DC stirs it up with the most opposite counter rhythm drumming (which actually does drives everything forward)?? Justin brought in this killer 7 melody which is now the main verse of the song. (He called it “bluegrass” as a working title). We jammed it a LONG time trying to find other cool working parts. Eventually I added the 9beat turnaround and a chorus. Then we arranged the intro -which came along very naturally. *The two guitar parts are recorded left and right stereo so feel free to try some headphones ? ~enjoy friends ?

Adam Jones(@adamjones_tv)がシェアした投稿 –

アダム・ジョーンズはこの曲の制作経緯を明かしており、8分の7拍子のこの曲の影の立役者はベーシストのジャスティン・チャンセラーだったと説明している。

「ジャスティンと僕はいつも可能性のあるリフやデモを持ち込むんだ。そして、3人で狼のようにをれに取り組むんだ。(ダニー・ケアリーは)正反対とも言えるカウンターのリズムで引っ掻き回すんだけど、それですべてが前に進んでいくんだよね」とアダム・ジョーンズは説明している。

「ジャスティンは曲のメイン・ヴァースとなった7つの魅力的なメロディーを持ち込んでくれて、彼はワーキング・タイトルで“Bluegrass”と呼んでいたよ。クールなうまくいくパートを探して、長い間ジャムをして、最終的に9度の拍子変更とコーラスを付け加えたんだ。それでイントロのアレンジをやってんだけど、自然に出てきたんだよね」

アダム・ジョーンズは先日“Pneuma”のギターの弾き方を教える動画も投稿しており、「難しくはないものの、すごく満足感のある曲」だと述べている。

一方、トゥールのドラマーであるダニー・ケアリーは外出制限が続く中でバンドで新曲を作りたいと考えていることを明かしている。

「この休止期間もできるだけ早く集まりたいと思っているんだ。ジャスティンと僕とアダムでね。その間にトゥールの新曲についても話し始めるつもりだよ。おそらく、この間にEPをもう1枚書くことになるんじゃないかな。他にすることもないからね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ