PRESS

Photo: PRESS

ボン・ジョヴィは新型コロナウイルスのパンデミックを受けてニュー・アルバムのリリースを秋に延期することが明らかになっている。

ボン・ジョヴィは5月15日に通算15作目のスタジオ・アルバム『ボン・ジョヴィ2020』をリリースする予定となっていた。

アップル・ミュージックのゼイン・ロウによるインタヴューを受けたジョン・ボン・ジョヴィは予定されていた北米ツアーが中止とすることにしたについて語っている。

「中止にしたんだ。延期じゃないんだ。そうすれば人々は払い戻しを受け取れるからね。1年間、延期するんじゃなくて、それが中止にした理由だよ。みんな、お金を必要としていることはよく分かっているからね。今の不安定な時というのは家賃や生活必需品、クレジットカードの支払など、お金が必要だからね。みんなには30年間以上、僕らのためにいてくれたことを知ってほしいんだ。僕らもみんなのためにある。戻ってもよくなったら戻ってくるよ。それと共にアルバムも秋まで延期されるよ。がっかりしているけどね。特にアルバムが素晴らしいから、残念だけどね」

新作には新型コロナウイルスについて歌った楽曲“Do What You Can”も収録したいとジョン・ボン・ジョヴィは語っている。

ジョン・ボン・ジョヴィは本日4月23日午前8時に配信されたブルース・スプリングスティーンらが出演した新型コロナウイルスで影響を受けた人々のための番組『ジャージー・フォー・ジャージー・ベネフィット・ショウ』で“Do What You Can”を披露している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ