GETTY

Photo: GETTY

クイーンのギタリストであるブライアン・メイは新型コロナウイルスのパンデミック後にツアーが再開しても大きな倫理的な問題に直面することになるだろうと語っている。

先日、肉食が新型コロナウイルスの発生に大きな役割を担ったと語ったブライアン・メイだが、適度な距離を保つことが緩められた時に多くのファンが集まることが適切かどうかに疑問を投げかけている。

ブライアン・メイは『NME』に次のように語っている。「これまではコンサートを延期することができたけど、世界をめぐるのにこの世界の多くのリソースを使い尽くすのが妥当なんだろうかという疑問を抱くことになると思っているんだ」

「こうした感染拡大に対処する何らかの方法がない限り、多くのファンを一ヶ所に集めて、リスクをとることは安全なのだろうか? 物事が整理されて、このひどい病気に対抗手段を持ち、通常の状態に戻って、ライヴができることを願っているよ」

クイーン+アダム・ランバートはロンドンのO2アリーナでの10公演を含むUKツアーを2021年に延期されている。

ブライアン・メイは次のように続けている。「ライヴをやるのは僕らが最も得意とすることだけど、強く思うのは新型コロナウイルスがなくなって、今後すべてが大丈夫だと見なすことはできなくて、どうなるか見ていかなければならないということでね。多分、今まで通りにはいかないと思うんだ。おそらく新たな挑戦が生まれることになると思う」

先日、ブライアン・メイはNHS(国民保険サービス)の職員に対する十分な保護がないことについてイギリスの「一生の恥」だとして新型コロナウイルスに対する政府の対応を批判している。

「僕らの国が準備不足で、それをさらけ出して、最前線の人々が適切な保護なく闘っていることを恥ずかしく思うよ。ちゃんと最初から準備していなかったことは一生の恥だね」

ブライアン・メイはロンドン発のバンド、キングス・ドーターズとの新曲“Get Up”がリリースされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ