GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングはアメリカ大統領候補のバーニー・サンダースのために演奏した映像が公開されている。

先日、ニール・ヤングは大統領候補としてバーニー・サンダースの支持を表明する長文を投稿していた。「僕はバーニー・サンダースを支持するよ。彼の言っていることを聞いたからね」とニール・ヤングは述べている。「彼の主張はどれも自分としても信じていることなんだ。2016年にバーニー・サンダースがヒラリー・クリントンの代わりに出ていたら、今の無力な混乱はなかったと思う」

今回、オンライン上で行われた集会でニール・ヤングは“Heart Of Gold”を演奏しているほか、ジム・ジェイムス&ザ・フリー・ナショナルズは“Here In Spirit”を披露している。

バーニー・サンダースの集会にはこれまで数々のミュージシャンが参加しており、2016年に引き続きヴァンパイア・ウィークエンドが出演したほか、ザ・ストロークス、パブリック・エナミー・ラジオも集会でライヴを行っている。

先日、ホールジーもアメリカ大統領選挙でバーニー・サンダースを支持することを表明している。

「私はバーニー・サンダースを大統領選で正式に支持するわ」とホールジーは語っている。

「バーニーは私が生まれる前から私のために闘ってきてくれた。アメリカの郊外で貧しく育てられた多民族家族のクィアな女性のためにね」

「夢の大学に合格したのに行くことができない女性、治療する余裕のない生殖機能の障害に肉体的に苦しめられている女性、21歳よりも前に医療的支援や住宅的支援、経済的支援、中絶が必要な人、だからこそ私は生きてこられた」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ