GETTY

Photo: GETTY

ビッフィ・クライロのサイモン・ニールはかつてザ・フーから演奏の音量が大きすぎると忠告を受け、難聴を患っていることを明かしている。

フィル・タガートのポッドキャスト「スラッカー」に出演したサイモン・ニールは次のように明かしている。「僕も今じゃ耳に問題があってね」

「ザ・フーと共演した時、ロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントが僕のギターのボリュームに対して本気で忠告してくれたんだ。公平のために言うと、彼らもなぜそんなに大きくしてはいけないのかを苦労して分かったみたいでね」

サイモン・ニールはビッフィ・クライロがT・イン・ザ・パークに出演した際にロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントから2度目の忠告を受けたとしている。

サイモン・ニールは次のように語っている。「一夏で2度にわたってザ・フーから音量が常識外れだと忠告を受けたんだ」

「数ヶ月のうちは『僕らはザ・フーにとって僕らは音量が大きすぎるみたいだ』と考えていたんだよね」

先日、ビッフィ・クライロはニュー・シングル“End Of”を公開し、新作『ア・セレブレーション・オブ・エンディングス』の詳細を発表している。

“Instant History”を先日公開していたビッフィ・クライロは先週ニュー・アルバムのタイトルを発表しており、ビッフィ・クライロはリッチ・コスティがプロデューサーを務めた『ア・セレブレーション・オブ・エンディングス』が5月15日にリリースされることが決定している。

「アルバム全体がバンドや社会的存在としての自分たちを物語るものとなっているんだ」とフロントマンのサイモン・ニールは『NME』に語っている。「いいものからも悪いものからも醜いものからも、僕らは学んでいかなきゃならない。僕らは全員にとってよりよき世界を作ることができるんだからね。サウンドは感傷的だけど、その中にはパワーがあるんだ」

ビッフィ・クライロは5月にBBCラジオ1によるビッグ・ウィークエンドに出演することも決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ