PRESS

Photo: PRESS

ゴリラズは「ソング・マシーン」プロジェクトの第2弾となる新曲“Désolé”が公開されている。

デーモン・アルバーン率いるゴリラズは1月30日にスレイヴスとスロータイが参加した“Momentary Bliss”を「ソング・マシーン」プロジェクトの第1弾としてリリースしている。

第2弾となる楽曲にはマリ人ミュージシャンのファトゥマタ・ジャワラが参加していることが明らかになっている。

新曲“Désolé”はこちらから。

「ソング・マシーン」のプロジェクトについてゴリラズのドラマーであるラッセルは次のように説明している。「ソング・マシーンは僕らがやっていることの新たな形なんだ。ゴリラズはこれまでの慣習を打破しているんだ。慣習が古くなってしまったからね。世界は過荷電粒子よりも速いんだ。だから、何かを出せるような状態であり続けなきゃならないんだ。次に誰がスタジオに立ち寄るのかも分からないんだ」

「ソング・マシーンは見知らぬ者によって成り立ち、純粋なカオスの下で実行される。だから、何があろうとも、明日はないかのように制作する態勢をとっているんだ。万が一、があるかもしれないからね」

先日、デーモン・アルバーンは新プロジェクトである「ザ・ニアラー・ザ・ファウンテン、モア・ピュア・ザ・ストリーム・フローズ」の新たなロンドン公演を発表している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ